【Jリーグ】求められるファンの協力、新たな応援スタイル

サッカー

2020.6.14

ab57ed4a6c7632d0c890ae53ea74941328739294.jpg
写真:アフロ

 Jリーグは6月12日、今月27日からの段階的な公式戦再開を前に「新型コロナウィルス感染症対応ガイドライン」の最新版を公表。チーム練習をはじめ、無観客から観客を入れた場合の試合開催について、感染防止を図りながらの試合運営と行動指針を示した。

公式戦の再開後、当面の間実施される無観客試合についてJリーグは、「この段階では、無観客であればJリーグ試合を安全に開催できることを、社会に向けて実証することが重要」と説明。ファン・サポーターの理解と協力を求めている。

スタジアム周辺に集まることや横断幕の掲示を禁止し、守ることができない場合には、試合延期措置等のチームへの罰則もあり得るとしている。また、パブリックビューイングも禁止だ。

観客受け入れが解禁となる7月10日以降は、スタジアムへの入退場で「密」を避けるシステム導入が必要とされており、来場者にはマスク着用の上(試合会場での配布はナシ)、距離をとっての整列入場や時間差での入退場などでも協力を求めることになる。

入場時の体温測定も実施され、37.5度以上の場合には入場できない。来場者が熱中症対策でマスクを外す場合には、1~2メートルの距離をとる配慮を求めている。観戦時には座席からの移動も禁止し、アウェイチームのユニフォームやグッズを着用しての観戦はできない。

応援スタイルについても、新たな形が求められている。

無観客試合の期間中は、「段ボールサポーター」などクラブが制作管理するものについてはスタジアムに設置することは可能だが、ファン・サポーターの応援フラッグや横断幕などの持ち込みは、クラブへ預けることを含めて、感染リスクを考慮して認められない。

7月10日以降に入場が可能になった場合に横断幕を掲げることは認められるが、応援の扇動、歌を歌う、指笛、手拍子、タオルマフラーやフラッグを振る、メガホンや太鼓など鳴り物の使用、ハイタッチや肩を組む行為などはできない。

なお、試合会場内外の売店での取り扱いも当初は飲料のみ。8月1日以降になるとグッズ販売も再開される見込みで、後者では距離をとってのイベント開催も可能になるとしている。


取材・文:木ノ原句望