【西武】6連戦ラストゲームを劇的勝利で制す。サヨナラ打の森友哉「楽な気持ちで打席に入った」

野球

2020.6.29



<6月28日 西武 4x-3 ソフトバンク @メットライフドーム>

西武3勝で迎えた6連戦最終試合。

まずはソフトバンクが2番・柳田悠岐の2試合連続となる3号ソロで先制すると、続く2回には満塁のチャンスをつくり、今年プロ6年目にして初の開幕スタメンをつかんだ栗原陵矢が3試合連続打点となる2点タイムリーを放つ。

西武もその裏、すぐさま反撃。ベテラン・栗山巧のヒットで1点を返すと、続く3回には森友哉の内野ゴロの間に3塁ランナーがホームインし1点差に詰め寄る。

20200629-00010001-tvtokyos-001-1-view.jpg

西武の先発・與座海人は、3回以降打たせて取るピッチングを続け得点を許さない。

與座の好投に応えたい打線は6回、2試合連続ホームラン中の山川穂高が3試合連続となる5号ソロを放ち試合を振り出しに戻す。

【動画】広島ドラ1ルーキー・森下暢仁、プロ初勝利!完封逃すも「勝ててホッとしている」

9回裏、一打サヨナラのチャンスで打席に入った昨シーズン首位打者の森友哉が、前進守備の内野を抜けるサヨナラタイムリー。

20200629-00010001-tvtokyos-002-3-view.jpg

異例の6連戦最初のカードは、西武が劇的な勝利で勝ち越した。