【中日】井領雅貴の執念のタイムリー内野安打で決勝点!連敗ストップ

野球

2020.7.26



<7月25日 中日 1-0 阪神@ナゴヤドーム>

連敗ストップへ、是が非でも先制点が欲しい中日。

初回、チャンスでビシエドが打席に立つも低めの変化球に手が出て三振。阪神の先発・西勇輝から得点を奪えない。

中日の先発は2年目の勝野昌慶。ここまで先発2試合で2敗と結果を出せずに苦しんでいた右腕は、ランナーを出しながらも「相手と勝負できた」と先週敗れた阪神を相手に得点を許さない。

20200726-00010002-tvtokyos-001-1-view.jpg

好投の勝野を援護したい打線だが、再三ランナーは出すものの阪神・西のコーナーを丁寧につくピッチングにあと1本が出ない。

6回、ノーアウト3、1塁のチャンスで4番・ビシエドがスライダーをひっかけ浅いレフトフライで犠牲フライにもならず1アウト。続くアリエル・マルティネスは空振り三振。

2アウトと追い込まれると最後は京田陽太がバットを折られる内野ゴロ。前日から13イニング無得点と、なかなか先制点を奪えない。

【動画】佐々木朗希 160キロ連発「自分の思うような球を投げられた」

中日は続く7回にも得点圏にランナーを進めると、この日登録されたばかりの高橋周平が代打も憎いほど低めにボールを集める西の術中にはまり2アウト。

しかし井領雅貴が執念のタイムリー内野安打。終盤の7回で先制点をもぎ取る。

20200726-00010002-tvtokyos-000-1-view.jpg

最後は守護神、ライデル・マルティネスが1点を守り切り、中日は連敗ストップとなった。