【広島】中村奨成プロ初ホームラン&侍J・栗林 14セーブ目

野球

2021.6.20



<6月19日 DeNA 11-12 広島 @東京ドーム>

広島の侍ジャパンがホームランで魅せる。

菊池涼介(31)の7号ソロで追加点を挙げると、続いたのは17年ドラフト1位の中村奨成(22)。記念すべきプロ初ホームランで、DeNAを突き放す。

ところが8点リードの9回。DeNAの宮﨑敏郎(32)に満塁ホームランを打たれるなど2点差とされたところで、ルーキーで唯一侍ジャパン選出の栗林良吏(24)を投入。しかしタイムリーを許し、土壇場で1点差に詰め寄られてしまう。尚も同点のランナーを背負う栗林だったがここをなんとか抑え、逃げ切った。広島がDeNAとの乱打戦を制した。

栗林テロ.jpg

■責任投手
【勝投手】森下(4勝4敗)
【敗投手】ピープルズ(2勝3敗)
【セーブ】栗林(14セ)
■バッテリー
【広島東洋】森下、バード、高橋樹、栗林 ‐ 石原
【横浜DeNA】ピープルズ、櫻井、京山、三上、石田、砂田 ‐ 伊藤光、嶺井
■本塁打
【広島東洋】菊池涼 7号(6回ソロ 京山)、林 3号(7回ソロ 三上)、中村奨 1号(8回ソロ 石田)
【横浜DeNA】伊藤光 2号(1回ソロ 森下)、オースティン 14号(1回ソロ 森下)、宮﨑 6号(9回満塁 高橋樹)