【ヤクルト】山田哲人 18号アーチ放つも5連勝ならず

野球

2021.6.20



<6月19日 ヤクルト 3-7 中日 @神宮球場>

4連勝で2位に浮上したヤクルトは初回、侍ジャパンの山田哲人(28)が今月7本目のアーチとなる18号ソロを放ち、幸先よく先制する。

一方、もう一人の侍、21ホーマーの村上宗隆(21)はこの日は快音響かず。

試合はヤクルトが1点リードの4回、中日・大島洋平(35)に、この日4打点目となる逆転のタイムリー3ベースを許し、5連勝とはならなかった。

大島.jpg

■責任投手
【勝投手】小笠原(5勝2敗)
【敗投手】小川(6勝2敗)
■バッテリー
【中日】小笠原、谷元、祖父江、福、又吉 ‐ 木下拓
【東京ヤクルト】小川、大西、坂本、石山、星 ‐ 中村、古賀
■本塁打
【中日】阿部 4号(6回ソロ 大西)
【東京ヤクルト】山田 18号(1回ソロ 小笠原)