【凱旋門賞】武豊 ブルームで11着「また来年も来て、そして勝ちたい」

その他

2021.10.5

aflo_171074878.jpg
第100回凱旋門賞 ブルーム騎乗の武豊騎手 写真:AP/アフロ

10月3日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われた世界最高峰のレース凱旋門賞(G1)。

9度目の凱旋門賞騎乗となった武豊騎手はA.オブライエン調教師の管理馬・ブルーム(牡5 アイルランド 父オーストラリア)で11着に敗れた。

11着 ブルーム 武豊騎手コメント
ゲートの出は遅かったもののうまくリカバリーでき、良いポジションで進めましたが、直線に入ってからあまり手応えがなくなってしまいました。

A.オブライエン調教師に足を上げて騎乗させてもらい誇らしい気持ちになりましたし、また来年も来て、そして勝ちたいです。

第100回 凱旋門賞(G1)全着順
着順 馬名(性齢)調教国・騎手
1着 トルカータータッソ(牡4)独・R.ピーヒュレク
2着 タルナワ(牝5)愛・C.スミヨン
3着 ハリケーンレーン(牡3)英・J.ドイル
4着 アダイヤー(牡3)英・W.ビュイック
5着 シリウェイ(牡3)仏・F.ブロンデル
6着 スノーフォール(牝3)愛・R.ムーア
7着 クロノジェネシス(牝5)日・O.マーフィー
8着 バブルギフト(牡3)仏・G.モッセ
9着 アレンカー(牡3)英・T.マーカンド
10着 モジョスター(牡3)英・R.ライアン
11着 ブルーム(牡5)愛・武豊
12着 ラービアー(牝4)仏・C.デムーロ
13着 ベイビーライダー(牡3)仏・I.メンディザバル
14着 ディープボンド(牡4)日・M.バルザロ