鹿島FW 荒木遼太郎、神戸FW 武藤嘉紀ら国内組22人を日本代表に選出

サッカー

2021.12.8

森保.jpg
森保一日本代表監督 (c)JFA

来年1月下旬に再開するワールドカップ(W杯)アジア最終予選を前に、1月21日に埼玉で行われるウズベキスタン代表との親善試合キリンチャレンジカップに臨む日本代表メンバーが12月7日に発表になり、約3年ぶりの復帰となるFW武藤義紀選手(神戸)をはじめ、鹿島FW荒木遼太郎選手ら4人の初招集を含めた国内組22人が選出された。

ウズベキスタン戦は、最終予選の中国戦(1月27日)とサウジアラビア戦(2月1日)へ向けた調整のために設定された親善試合で、国際マッチデー期間外となるため、メンバーは国内組のみの編成。

また、Jリーグの新シーズンへ向けた各クラブの始動時期でもあることから、招集人数も22人に厳選された。

初招集の4選手は、今季36試合で10得点をマークして、6日のJリーグアウォーズでベストヤングプレーヤー賞を受賞した荒木選手、東京オリンピック代表メンバーのDF瀬古歩夢選手とセレッソ大阪でセンターバックを組むDF西尾降矢選手、コンサドーレ札幌加入1年目の今季30試合で7得点を決めたFW小柏剛選手だ。

11月の最終予選で初のフル代表招集となったMF旗手玲央選手(川崎)も引き続いての選出で、東京五輪メンバーのGK谷晃生選手(湘南)、五輪世代中心で臨んだ2019年6月のコパアメリカ選手権以来の代表復帰となったMF渡辺皓大選手(マリノス)とともに、代表デビューを目指す。

また、今季のベストイレブンに選出されたMF稲垣祥選手(名古屋)とMF脇坂泰斗選手(川崎)、MF江坂任選手(浦和)は今年3月のアジア2次予選以来の招集で、代表戦2戦目出場の機会を探る。

代表経験の浅い選手が多い中、FW武藤選手が2019年1月のアジアカップ以来の代表復帰を遂げて、神戸の同僚であるFW大迫勇也選手、DF酒井宏樹選手(浦和)、DF長友佑都選手(FC東京)、GK権田修一選手(清水)らが中核としてチームをけん引する。

日本代表の森保一監督は、国内組にはオフ明けの活動になることから、ウズベキスタン戦で選手のコンディションを上げると同時に、その後に控える最終予選のメンバー選考の機会になると説明した。

森保監督は、「国内組のメンバーで構成されるのはすごく楽しみ。個の力を発揮して、Jリーグでもまだまだいい選手がいるというところを見せてほしい。練習の時間はたっぷりある。試合に出られるパフォーマンスを見せて、試合に出るチャンスを自分でつかんでほしい」と話して、新戦力の台頭へ期待を示した。

(c)JFA.jpg
反町康治日本サッカー協会技術委員長と森保一日本代表監督 (c)JFA

「A代表は初めてなので、とても嬉しい」という荒木選手は、「日本代表の力になれるよう、アントラーズで大切にしている勝つためのプレーを意識して、ピッチの中で自分の持ち味を出したい」と意気込んでいる。

西尾選手も日本代表は「ずっと夢見ていた」場所だと明かし、「短い期間ですが自分の力を存分に出し、いろんな選手の方々の良いところを吸収できるチャンス。見て学んで無駄のない充実した時間にしたい」と来月の活動を心待ちにしている。

リーグ得点王になり、ベストイレブンも受賞した前田選手は「自分らしく泥臭く戦ってきたい」と話し、稲垣選手は「昨日のベストイレブンに続き、今日の日本代表選手と目まぐるしい日々に頭がなかなかついていかない」としながらも、「日本代表選手として強い覚悟と責任を持って戦ってきたい」と語った。

国内シーズンがオフに入るため、選手たちが1月17日の合宿開始までにコンディション調整に取り組めるように、通常よりも早めのメンバー発表になった。チームは1月21日のウズベキスタン戦まで17日から4日間の練習を行う予定だ。

なお、1月下旬に再開する最終予選の中国戦とサウジアラビア戦へ向けたメンバーは、ウズベキスタン戦を経て改めて発表される。

日本は11月に行われたアジア最終予選でベトナム、オマーンとアウェイで対戦して2連戦で4勝2敗とし、B組2位に浮上した。各組2位以内は無条件で出場権を獲得できるが、3位はアジア3位同士でのプレーオフを経て南米5位との大陸間プレーオフに進む。そこで勝たなければカタール大会の出場権を手にできない。

現在、日本は首位のサウジアラビアとは勝点4差、3位のオーストラリアとは勝点1差。最終予選は残り4試合で、日本は1月27日に中国、2月1日にサウジアラビアといずれも埼玉スタジアムで対戦し、3月24日にアウェイでオーストラリア戦に臨み、ホームに戻って29日の最終戦でベトナムと対戦する。

過去のW杯予選に比べて、コロナ禍の影響で予選の日程が全体にずれ込んだことで、9月の最終予選突入後はチーム強化と調整に有効な親善試合を組めない状況が続いていたが、今回は年明けの重要な2連戦を前に、指揮官が国内組を集めての合宿と親善試合を要望していた。

森保監督は、「チーム強化になり、W杯予選へ最善の準備になる。選手とチームのレベルアップをして最終予選突破へ向けて、いい積み上げができるように臨みたい。W杯へ前進していけるように、ウズベキスタン戦をチーム一丸となって戦いたい」と話している。

取材・文:木ノ原句望


日本代表メンバー
【GK】
権田 修一(清水エスパルス)
谷 晃生(湘南ベルマーレ)

【DF】
長友 佑都(FC東京)
佐々木 翔(サンフレッチェ広島)
酒井 宏樹(浦和レッズ)
谷口 彰悟(川崎フロンターレ)
山根 視来(川崎フロンターレ)
中谷 進之介(名古屋グランパス)
瀬古 歩夢(セレッソ大阪)
西尾 隆矢(セレッソ大阪)

【MF/FW】
大迫 勇也(ヴィッセル神戸)
稲垣 祥(名古屋グランパス)
江坂 任(浦和レッズ)
武藤 嘉紀(ヴィッセル神戸)
脇坂 泰斗(川崎フロンターレ)
相馬 勇紀(名古屋グランパス)
前田 大然(横浜F・マリノス)
旗手 怜央(川崎フロンターレ)
小柏 剛(北海道コンサドーレ札幌)
上田 綺世(鹿島アントラーズ)
渡辺 皓太(横浜F・マリノス)
荒木 遼太郎(鹿島アントラーズ)