今年の安田記念覇者・ダノンキングリーが引退 種牡馬へ

その他

2021.12.23

ダノンキングリー.jpg
ダノンキングリー 写真:山根英一/アフロ

2021年の安田記念(GI)を優勝したダノンキングリー(牡5歳 美浦・萩原清厩舎)が、12月22日(水)付けで競走馬登録を抹消したことをJRAが発表した。

なお、同馬は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

ダノンキングリー

馬主:株式会社ダノックス
調教師:萩原清(美浦)
生年月日:2016年3月25日
血統:父 ディープインパクト・母 マイグッドネス
成績:
JRA通算成績 13戦6勝
JRA獲得賞金 515,056,000円(付加賞含む)
JRA以外の通算成績(海外)1戦0勝
JRA以外の獲得賞金(海外)0円
重賞勝鞍:
2019年 共同通信杯(GIII)
2019年 毎日王冠(GII)
2020年 中山記念(GII)
2021年 安田記念(GI)