重賞2勝のトーセンスーリヤが大井競馬場に移籍

その他

2022.1.11

スマニューテレビ東京スポーツの広告画像.jpg

前走中山金杯(2022年1月5日)で5着だったトーセンスーリヤ(牡7歳 美浦・小野次郎厩舎)が、1月12日(水)付けでJRAの競走馬登録を抹消し、大井競馬場に移籍することをJRAが発表した。

トーセンスーリヤは昨年の函館記念(GIII)、一昨年の新潟大賞典(GIII)と重賞を2勝。父ローエングリン、母トーセンガラシャ、母の父デュランダルという血統。JRA通算成績34戦5勝。同馬は2017年10月に大井所属でデビュー、2戦目で初勝利を挙げて、その後 同年の12月にJRAへ転入していた。

トーセンスーリヤ

馬主:島川隆哉氏
調教師:小野次郎(美浦)
生年月日:2015年4月4日
血統:父 ローエングリン・母 トーセンガラシャ
成績:
JRA通算成績 34戦5勝
JRA獲得賞金 214,112,000円(付加賞含む)
JRA以外の通算成績(地方)3戦1勝
JRA以外の獲得賞金(地方)3,505,000円

【重賞勝鞍】
2020年 新潟大賞典(GIII)
2021年 函館記念(GIII)