【ソフトバンク】東浜巨 史上84人目のノーヒットノーラン達成「こんなに気持ちのいい疲れは久しぶり」

野球

2022.5.12


<2022年5月11日 ソフトバンク 2-0 西武 @PayPayドーム>

エンゼルス・デトマーズのノーヒットノーランの快挙を見て試合に臨んだというソフトバンク・東浜巨(31)が、この日ノーヒットノーランを達成した。

立ち上がり、力のあるストレートを軸に西武打線を三者凡退に抑える。2回、ホームランリーグトップの山川穂高(30)と対決。絶好調の主砲もサードゴロに打ち取る。その後、四球でランナーを出すもののダブルプレーでこの回も3人でピシャリ。

2点の援護をもらった東浜は6回。ヒット性のあたりをジャンピングキャッチ。自らアウトにすると、続くバッターは見逃し三振。7回には2者連続、この日5個目の三振を奪う。

そして9回、先頭を三振に打ち取ると、二人目はファールフライ。そしてアウト1つ。最後のバッターもセカンドゴロに打ち取った。100球以内でのノーヒットノーランは2006年、山本昌さん以来の快挙となった。

東浜は試合後、「疲れました。でもこんなに気持ちの良い疲れは久しぶりです!」と喜びを語った。

インタ.jpg

■責任投手
【勝投手】東浜(4勝1敗)
【敗投手】隅田(1勝4敗)
■バッテリー
【埼玉西武】隅田、水上、森脇 ‐ 柘植
【福岡ソフトバンク】東浜 ‐ 甲斐