マドン監督解任を受けて 大谷翔平「全てが監督のせいではない」

野球

2022.6.8

GettyImages-1396705288_1.jpg
エンゼルス・マドン監督と大谷翔平 Photo by Ronald Martinez / Getty Images

<6月8日(現地時間7日)MLB エンゼルス 5-6 レッドソックス @エンゼル・スタジアム(カリフォルニア州アナハイム)>

8日(現地7日)、本拠地で行われたレッドソックス戦で、大谷翔平(27)が「2番・DH(指名打者)」にスタメン出場。

5対5のまま延長に突入し迎えた10回、レッドソックスに1点を奪われ、そのまま球団ワーストとなる「13連敗」を喫した。試合前にマドン監督が電撃解任、連敗ストップへ負けられないエンゼルスだったが連敗を止めることができなかった。

大谷選手は4試合連続安打。この試合、二塁打、中飛、空振り三振、三邪飛と4打数1安打という結果になった。

マドン監督解任を受けて、大谷選手インタビュー

ーマドン監督の解任を聞いて

全てが監督のせいというわけではないですし、むしろ自分自身も調子が上がらないです。申し訳なかったなというのはもちろんあるので、お世話になりましたし、本当に感謝の気持ちはあります。

ーマドン監督から教わったこと

今までやってきた監督もそうですけど、1日1日コミニュケーションを取りながら何が最善なのか、その日その日で決めていかなければいけない。長いシーズンですけどそこが一番重要だと思います。

負ける日もありますし、そこで最善を尽くしたかどうかが大事だと思います。マドン監督だけではないんですけど、今までお世話になった監督はみんな一生懸命やってましたし、選手自身もそういう監督についていきたいと思っていたのではないかなと思います。