世紀の一戦は石川・早田・長崎の女子チームが勝利!日本代表男子vs女子【卓球ドリームマッチ】

SHARE
記事をシェア

卓球 2020 JAPAN オールスタードリームマッチ<9月14日> 第2部の「スペシャルマッチ 日本代表男子vs女子」。日本代表の男子と女子が対戦する、前代未聞の一戦がオールスターの場で実現し、2-1で日本代表女子チームが勝利を飾った。

シングルス4ゲームによるチームマッチで、「1失点で選手交代、勝者は勝ち残り」などの特殊ルールが適用されたこの一戦。

1ゲーム目は「女子4点ハンディ・サーブは全て女子から」のルールから開始。

最初は男子チームから張本智和、女子チームから石川佳純が登場。石川のロングサーブを、張本がバックハンドで返して張本が得点する。そのまま試合が進むが、チキータを防ぐために時折ロングサーブを使う女子チームの戦術も功を奏して、女子が9-4とリード。

しかし丹羽孝希が女子のボールにうまく対応するなど、男子が10-10まで追いつくが、森薗政崇がチャンスボールをフォアで決められずミス。まず女子が11-10で1ゲームを先制する。

2ゲーム目からは女子4点のハンディは変わらないものの、「点を取られた側がサーブする」ルールに変更。出足から石川が活躍し8-1と女子がリードするが、しかしここから「女子キラー」の丹羽が登場し、女子チームの3人を2巡させる活躍で男子が7-8まで追いつく。

しかし石川が早いラリーで丹羽から得点して女子が9-7とするも、森薗が思い切りのいいフォアドライブを繰り返し決めて男子が10-9と逆転。最後も宇田幸矢が石川にフォアドライブを決めて11-10で男子が奪う。

CHI_1744.JPG

だが急きょ次の第3ゲームで打ち切りになることが決定した上に、急造の「1点勝負」ルールに。運命の1点は、早田ひなのハーフロングの巻き込みサーブを宇田がドライブミスし、1-0で女子が取った。

まさしく「ドリームマッチ」にふさわしい一戦は、ハンディを生かした日本代表女子チームが2-1で勝利した。


【卓球 2020 JAPAN オールスタードリームマッチ】
<日本代表男子vs日本代表女子>
男子 1-2 女子
10-11/11-10/0-1

・1ゲーム目の結果次第でハンディやサービス権の変更あり
・4ゲームマッチ、2−2の場合は男女代表1名による1本勝負を実施
・タイムアウト無し
・チェンジコート無

■男子日本代表選手
張本智和(木下グループ)
丹羽孝希(スヴェンソン)
森薗政崇(BOBSON)
宇田幸矢(明治大学)

■女子日本代表選手
石川佳純(全農)
早田ひな(日本生命)
長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)


CHI_1709.JPG

CHI_1786.JPG

CHI_1774.JPG

CHI_1717.JPG

CHI_1707.JPG

CHI_1701.JPG

SHARE

このページを友達にシェアしよう!