×
×
×

【卓球】世界ジュニア選手権 開催中止が決定

SHARE
記事をシェア

2019年の世界ジュニア女子シングルスで日本人初優勝を果たした長﨑美柚 PHOTO:@ITTFWorld

国際卓球連盟(ITTF)とポルトガル卓球連盟は13日、来月29日からポルトガル・ギマランイスで行われる予定だった世界ジュニア選手権(11月29日~12月6日)を新型コロナウイルスの影響により中止することを発表した。

18歳以下の世界一を決めるこの大会では、昨年、長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)がシングルスで日本女子初の金メダルを獲得するなど2冠を達成していた。

この中止に伴い、来年の2021年は世界ユース選手権として大会が新設され、第1回をポルトガルに、2022年に世界ジュニア選手権の開催予定だったチュニジアを第2回の開催地にする予定も発表された。来月19日に行われる理事会で提案される。

SHARE

このページを友達にシェアしよう!