×

日本女子 かすみうペアを徹底分析「1本目から衝撃」とゲストも驚いた韓国ペアのプレーとは?【卓球ジャパン!】

SHARE
記事をシェア

5月15日放送の「卓球ジャパン!」は、東京オリンピック団体戦のカギとなる、ダブルス攻略スペシャル。元日本代表で、全日本選手権女子ダブルス5度の優勝を誇るダブルスのスペシャリスト、藤井寛子氏をゲストに招いて、石川佳純&平野美宇の"かすみう"ペアをDEEPに解説した。

石川、平野、そしてエースの伊藤美誠の3人で臨む東京オリンピックの団体戦。日本女子は伊藤美誠をシングルス2点起用にし、石川/平野をダブルスに使うオーダーが濃厚と言われている。

そんな石川/平野は、2017年のカタールオープンでペア初結成。試合を重ねるごとにコンビネーションも高まり、2020年ハンガリーオープンではツアー初優勝を果たしている。

そして今年2、3月にカタールで行われたWTTコンテンダー・ドーハで優勝し、続くスターコンテンダー・ドーハでは韓国ペアに敗れて準優勝という結果に終わった。

東京五輪ペア かすみう韓国代表にストレート負け 2大会連続の優勝を逃す【WTT スターコンテンダー ドーハ】

今回は、この2大会の決勝戦のプレーから石川/平野の強さの秘密、今後の課題などを分析していった。

WTTコンテンダー決勝の相手は、ダブルス世界ランク6位、台湾の陳思羽/鄭先知。一発のパワーと大きく動けるフットワークの良さが武器の右利き同士のペアリング。

陳思羽/鄭先知.jpg

この一戦、日本ペアで光ったのはコース取りの巧さだ。左利きの石川&右利きの平野のペアとしては、互いのフォアサイドを突かれるとポジショニングが交差してしまうため、バックサイドにボールを誘うことがラリーを有利に進めるための絶対条件。そこで石川/平野はストレートへの打球を多用することで、相手の返球をバックに集め、ラリーの主導権を奪ったのだ。

またダブルスで最も重要だと言われるサーブ・レシーブ、台上テクニックでも相手を上回った日本ペアが圧倒し、ストレートで快勝。

「ド派手なプレーはないけど、難しいことをきっちりとこなして自分たちの形につなげている感じですね」とMC武井壮をうならせる、完璧な試合運びだった。

しかし、続くスターコンテンダー決勝では、韓国ペアを相手に苦しい展開に。ここで勝敗を分けたのが、台湾戦では相手を凌駕したサーブ・レシーブ、台上テクニックの差だった。

相手は、韓国のエースでサウスポーのチョン・ジヒ、そして「韓国の神童」と言われ成長著しい16歳のシンユビン。

152 05.jpg

試合開始早々、「1本目から衝撃だった」と藤井氏も驚いたのが、シンユビンの3球目フォアフリック。平野のストップレシーブも悪くはなかったが、難しいボールを下からとらえつつ鋭くクロスへ打球。この先制攻撃は日本ペアも予想できておらず、得点を許した。

さらにその2本あとにも、シンユビンは逆モーションでの流しフリックでレシーブエース。2本前のフリックが頭にあったことで、回り込んでクロスを待っていた石川は一歩も動けずノータッチ。

「うまい!」とMC平野早矢香も天を仰ぐ技ありの1本だった。

台上だけでなく、前陣でのカウンターでもキレのあるプレーを見せたシンユビンに翻弄された日本ペア。流れを変えようと自分たちも台上から仕掛けていくがミスが出てしまい、第2ゲームはリードしたものの終盤で逆転負け。後がなくなった第3ゲームも序盤で1-4とリードを許し、結局0-3のストレートで敗北を喫した。

「ダブルスはラリー力よりも、いかに先手を取って、相手にボールを持ち上げさせるか大事」と藤井氏。「特に格上に勝つには、台上で仕掛けて、カウンターも1本だけでなく、2本、3本と、どれだけ強く打たれても、前で打つことが重要。それができれば中国といえどもしのぐのは至難の業だと思う」。

実際、韓国戦の第3ゲームの2-6、平野のストレートへのチキータレシーブからの石川の高速バックハンドという鮮やかな連続攻撃で得点するシーンもあった。このようなアグレッシブな連携が増えていけば、まだまだ日本ペアも強くなるはずだ。

152 04.jpg

また鋭い洞察力を見せたのが、番組MCも4年目に突入した武井で「平野選手の高速卓球の良さがダブルスだと薄れている気がする。読みだったり、対応する力があるとより生きてくるのでは?」とコメント。

この指摘には藤井氏も「深いですね!」と驚きの表情を見せ、「確かに平野選手は全体を待ち過ぎている感じがあって、少し(予測が)外れてもいいので、80%-20%くらいで待って、1本カカーンと打てれば相手はびっくりするし、そしたらさらに先が読めるはず」と平野の武器である両ハンド速攻を生かすためのポイントを分析したのだった。

152 09.jpg

東京オリンピックまで、泣いても笑ってもあと2カ月。日本ペアがさらなる進化を遂げ、打倒中国を果たすその日を期待したい。

次回(5月22日)は、韓国男子ダブルスを徹底分析。日本男子を代表するダブルス巧者の森薗政崇が、日本が勝つための秘策を伝授。お見逃しなく!

「卓球ジャパン!」 BSテレ東で毎週土曜夜10時放送

152 20.jpg

SHARE

このページを友達にシェアしよう!