オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。

早田ひな 19年世界ジュニア女王・長﨑を破りアジア切符獲得!【アジア卓球選手権 代表選考合宿】

2021.06.18
SHARE
記事をシェア
2021.06.18

早田ひな Photo:Itaru Chiba

アジア卓球選手権ドーハ大会 日本代表選手選考合宿<6月17日~6月20日/千葉県旭市> 大会2日目の6月18日、女子の決勝トーナメント準決勝で東京五輪リザーブの早田ひな(日本生命)が、2019年世界ジュニア選手権2冠の長﨑美柚(日本生命)を破って決勝進出。同時に、アジア選手権の団体及びシングルスの代表権を獲得した。

2人はTリーグ・日本生命レッドエルフのチームメイトであり、ともに豪打を武器とする大型サウスポー。2020年全日本選手権女王の早田と、次代エース候補の長﨑との対戦は好勝負が期待された。

第1ゲームから鋭いボールが飛び交う。まず早田が回転の分かりづらく的を絞らせないサーブで主導権を握り、チキータからバックの打ち合いに持って行く長﨑を振り切って11-9で先制する。

CHI_7491.JPG

長﨑美柚 Photo:Itaru Chiba

2ゲーム目も早田の動きが切れており、打ち合いで長﨑を押し込む。長﨑も5-8からコースを鋭く突いて8-8と追いつくが、ラリー中に少し下がって「もう一本」をしのげる早田の試合巧者ぶりが光って11-8でここも取る。

後がない長﨑は第3ゲーム、チキータやコースを突いたバックハンドで8-8まで粘る。しかし最後も早田はミドルへのバックハンドを決めて11-9で押し切り、難敵をストレートで撃破。実力でアジア切符を手中におさめた。

CHI_7450.JPG

早田ひな Photo:Itaru Chiba

【2021アジア卓球選手権ドーハ大会 日本代表選手選考合宿】
<決勝トーナメント準決勝>
早田ひな 3-0 長﨑美柚
11-9/11-8/11-9

SHARE

このページを友達にシェアしよう!