スクラップ・ヘブン
Introduction
Story
Cast
Staff
Official Site
スクラップ・ヘブン
Cast

加瀬 亮(粕谷シンゴ)■加瀬 亮(粕谷シンゴ)

 1974年横浜生まれ。『五条霊戦記』(02)でスクリーンデビュー。『ハッシュ』(02)、『ロックンロールミシン』(02)、『アカルイミライ』(03)などで着実にその評価を高め、『アンテナ』(04/主演)以降は『69 sixtynine』(04)、『誰も知らない』(04)、『ニワトリはハダシだ』(04)、『パッチギ!』(05)など話題作には殆ど出演している。俳優以外にも映像制作や雑誌の連載など多才な面を見せ、常にその動向が注目されている。李監督作品には『69 sixtynine』に続く出演。


オダギリ ジョー(葛井テツ)■オダギリ ジョー(葛井テツ)

 1976年岡山県生まれ。米国と日本で演技を学び、99年「DREAM OF PASSION」で初舞台を踏む。主な映画は『プラトニック セックス』(01)、『アカルイミライ』(03)、『あずみ』(03/日本アカデミー賞新人賞、エランドール賞新人賞受賞)、『この世の外へ クラブ進駐軍』(04)、『血と骨』(04/キネマ旬報助演男優賞ほか各映画賞受賞)など。05年は、『パッチギ!』、『イン・ザ・プール』、『オペレッタ 狸御殿』、『メゾン・ド・ヒミコ』、『忍‐SHINOBI』など出演作多数。


栗山 千明(藤村サキ)■栗山 千明(藤村サキ)

 1984年生まれ。子供時代からモデルとして活躍。『死国』(99)でスクリーンデビュー。『バトルロワイアル』(00)の千草役での「クールビューティ」ぶりがタランティーノ監督の目に留まり、『キル・ビル』(03)の「GOGO夕張」役で国際的に注目される。モデルとしても欧米のファッション誌で数多くの表紙を飾るなど、活躍の場を広げている。『下弦の月〜ラスト・クォーター』(04)で初主演。05年は『あずみ2』『妖怪大戦争』と大作への出演が相次ぐなど、今最も期待されている女優のひとり。


|introduction| story| cast |staff|official site|