トキメキ☆成均館スキャンダル

成均館(ソンギュンガン)とは
時代背景
イントロダクション
花の4人衆
ストーリー
ラインナップ
人物相関図
用語解説

あらすじ

儒教の教えに基づいた、朝鮮王朝で最高の教育機関。
当時の王、正祖(チョンジョ)は優秀な人材を求め学問の振興を図った。全国から優秀な学生を集め、成均館(ソンギュンガン)で官吏へと育成した。官吏の選抜試験である科挙は、小科(ソグァ)と大科(テグァ)があり、小科を合格した学生たちは成均館への入学を許された。卒業すれば大科に応ずることができたし、成績優秀者は大科の一次試験が免除されたのだった。また、成均館の学生たちは寄宿舎生活を送った。
韓国で最古の大学「成均館大学」の前身である。