新・刑事吉永誠一

ストーリー

第7話

14.11.28 OA


バックナンバー
非番の朝、ジョギングをしていた九条一馬は、川でおぼれる少年・増谷陸(西井幸人)を助ける。救急車を拒む陸を連れ帰った九条は、陸の話に過去の自分を重ね、同じような思いをしたことがあると話す。そこへ、殺人事件の知らせが入り、陸に家に帰るよう説得して別れる。
殺されたのは、パラリーガル(弁護士の補佐や事務仕事を担当)として法律事務所で働く長江俊正(花岡徹)という男で、胸と腹を何度も刺されて死亡していた。法律事務所を訪ねた吉永、鑑、九条は、パートナー弁護士の原正道(吉村明宏)、アソシエイト弁護士の金井響子(村井美樹)、司法修習生の矢野剛(黄川田将也)に長江を恨む人物に心当たりはないかと聞くと、長江の過去の逮捕歴が発覚。高校時代に後輩をいじめの末に死なせ、傷害致死で少年院に4年間入っていたという。当時の担当弁護士だった原の影響で、司法の道を志したようだ。長江の過去を知っていたのは原と秋田(桑原辰旺)、そして長江と婚約していた響子だけだったという。
そんな中、犯人が自首してきたと知らせが入る。取調室にいたのは…。

フォトギャラリー

ゲスト出演者

  • photo
    増谷陸 役西井幸人
  • photo
    金井響子 役村井美樹
  • photo
    矢野剛 役黄川田将也
  • photo
    原正道 役吉村明宏

ページトップ



おすすめドラマサイト