日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ



HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

次回の放送予定





 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日 午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午~)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC

日経スペシャル「ガイアの夜明け」 8月15日放送 第225回

「葬儀をプロデュース
~変貌するニッポンの“お葬式”~


日本の死亡者数は2003年に100万人を突破、それ以降増え続けて昨年は前年比5.4%増の108万人余りとなった。そうした中で市場規模の拡大が予想されているのが葬儀業界。新規参入も相次ぎ、これまでの葬儀の常識にとらわれない新たなビジネスモデルを提供するところも登場している。
人生で誰もが一度は関わる葬儀。そんな葬儀ビジネスの新しい動きに注目する。

【新ビジネスが拡大する葬儀業界】

身内に不幸があって「いざ葬儀」となると一番困るのが、葬儀社選びだ。費用などを巡ってトラブルになることもある。最近では、インターネットなどを活用してそうした不満を解消しようとするビジネスも登場している。
かつて葬儀案内の会社に勤めていた市川愛さんは、葬儀社選びや費用の見積もり、葬儀現場でのサポートを行う業界初の「葬儀相談員」となった。相談者から相談料を受け取る代わりに、葬儀社からは一切何も受け取らず、消費者の立場に立ったサービスをモットーとしている。
葬儀業界の市場規模拡大が予想されるため、異業種からの参入も目立っている。「アーバンフューネス・コーポレーション」は、もともとブライダル会社にいた33歳の中川貴之社長が興した会社だ。“お仕着せの儀式”の枠を超え、葬儀を「プロデュース」するのが売り物だ。故人らしさを演出する“テーラーメード型”で、遺族や参列者の感動を呼ぶ葬儀を目指している。今年2月に入社したばかりの新入社員に密着し、同社が考える新しい葬儀の形を取材する。


【アメリカから名古屋へ殴りこみ】

“葬儀先進国”と言われるアメリカ。1980年代までは料金などが不透明と批判されていたが、米連邦取引委員会(FTC)が葬儀業者に対して消費者への説明責任を明確にするルールを導入、料金の透明化も徹底された。
そんなアメリカで葬儀社に勤めるジョン・キャムさんは、かつて日本の大学院に留学した経験の持ち主。ジェトロの対日投資呼びかけがあったことから、日本初の外資系葬儀社「オールネイションズ・ソサエティ」を設立して日本進出を果たした。葬儀の「生前予約」や徹底した料金の透明化を武器に、冠婚葬祭に投じる費用が全国的にみても高いとされる名古屋への進出を図る。しかし、名古屋では巨大葬儀組織「愛知葬祭」が業界シェア30%を握っている。その地盤をどう切り崩していくのか? 日本市場に挑む外資系会社と、迎え撃つ大手葬儀社の戦略を追う。


日経産業新聞で8月15日付から、
「葬儀をプロデュース ~変貌するニッポンの“お葬式”~」
と連動した記事「競演、葬儀ビジネス(仮題)」が連載されます。
番組と併せてお読みください。

     
 




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。