日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ


HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

次回の放送予定



日経スペシャル「ガイアの夜明け」 11月17日放送 第392回

シリーズ「進化するリサイクル」第1弾
古着が宝の山となる日

環境意識の高まりでリサイクルが見直されているが、その可能性はどこまで広がるのか。番組では、シリーズとして「進化するリサイクル」の現状を追跡する。
1回目は、いまだリサイクルが進まない分野、衣料品のリサイクルの現場。現在、1年間に供給されている家庭向け一般衣料はおよそ130万トン。一方その7割に相当する100万トン近くが、可燃や不燃ごみとして廃棄処分されている。なかなか進まない衣料品のリサイクル。その背景には、有効と思える処分方法が身近にないという現状がある。分別が面倒、資源ゴミに出してもどのようにリサイクルされるのかわからない、リサイクルショップは買い取ってくれないかもしれない、などその原因は様々だ。
そんな中、古着をゴミとして扱わず有効利用することに挑戦する人々がいる。「全品買い取り」を掲げ逆オークション方式で古着を販売し、小売業部門での伸び率一位を記録した「ドンドンダウンオンウエンズデイ」。売れ行き好調でも必ず発生するのが売れ残りだが、それらは海外へ輸出し、有効利用を狙う。
また、新たな繊維リサイクルの手段として出てきたのが、古着から新エネルギーを生み出す技術だ。社員3人のベンチャー企業「日本環境設計」では、世界でも類を見ない<綿繊維からバイオエタノールを開発する技術>を確立。現在、愛媛県今治市でその採算性を求めて、実証実験を繰り返している最中だ。

 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午~)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC


【全品買い取ります…急成長の古着チェーン】
【古着から新エネルギー!社員3人のベンチャーが切り開く未来】環境設計

消費不況の中にあって、急成長を遂げているリサイクル古着ショップがある。ドンドンダウンオンウエンズデイ、2005年に1号店を開いて以来、今ではFC店も含め全国に29店舗(2009年10月現在)を展開している。
 ここでは基本的に持ち込まれた古着はどんなものでも買い取り。店員はその場で査定を行い、店頭に並べる古着とそうでない古着に分けていく。店に並んだ商品は、毎週水曜日ごとに値が下がっていき、最後は100円になる。この特徴的な買取・販売システムを考えたのが、41歳の社長・岡本昭史さんだ。
 しかし、どんなものでも買い取るということは、多くの売れ残りも発生する。そこで手を組んだのが、古着を選別・販売する故繊維業者。ここでは回収した古着を提携するマレーシアの工場に送り、1枚1枚選別して、アジア各国に輸出している。
 その古着の輸出先のひとつがタイ。社長の岡本さんが向かったのは、カンボジアと国境を接する町にあるマーケット。ここでは3000軒ほどのショップが軒を連ね、日本を始め世界中から集まった古着を扱う。自分たちの売れ残りが現地の人々にどのように受け入れられているのか、岡本さんは丹念に調べていく。果たして本当に、日本の古着は現地で喜ばれているのか…


【古着から新エネルギー!社員3人のベンチャーが切り開く未来】
【全品買い取ります…急成長の古着チェーン】環境設計

一方、新しいリサイクル手段を模索して動き出した経済産業省支援の国家プロジェクトがある。この日、東京・有楽町の無印良品で行なわれていたのは古着の回収実験。その状況を視察にやってきたのが、今回のプロジェクトの事務局を務める日本環境設計の高尾正樹さんだ。日本環境設計は2007年に設立された環境コンサルタントのベンチャー企業。社員はたった3人しかいないが、世界でも類を見ない、綿繊維からバイオエタノールを作ることのできる技術を有しているのだという。
 彼らの実験プラントがあるのは、愛媛県今治市。タオルの生産量日本一で有名な繊維の町だ。今まで捨てられてしまっていた使い古しの衣料品が、本当に新エネルギーとして注目されるバイオエタノールとなるのか。成功すれば、食料とも競合しない新エネルギーの生産が国内で可能となるが、果たして…世界が注目するエタノール製造の軌跡に密着した。

   




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。