次回予告

2016年12月10日

諦めないことの大切さを伝える
元Jリーガー「杉山新さん」

幼稚園からサッカーを始め、18歳でJリーガーに。しかし、23歳の時に難病の1型糖尿病と診断される。チームからは戦力外通告を受けるが、担当医の助言で練習生として残れることに。自分の体と向き合い、血糖値をコントロールすることで、症状を抑えながらプレーができることを証明し、再びプロのサッカー選手として活躍する。自らの経験を通し、伝えたい想いとは…。

「生きる」を創る。Aflac