次回予告

2017年4月1日

達成感がなによりの喜び
ブラインドライター「松田昌美さん」

未熟児に起きる未熟児網膜症のため、視覚障害を抱える。4歳で右目を失明、治療の際に右足麻痺も残ってしまう。それでも健常者とともに社会で働きたいと上京、会社勤めをするように。
しかし障がいがあることで仕事を続けられず、退職に追い込まれる。会社から必要とされる人材になることを目指し、視覚障害者用の音声パソコンのスキルを身につけるが、今度は左目の視力が低下、手術を余儀なくされる。どん底から救ってくれたのは、自分でも気づいていなかったある能力だった…。

「生きる」を創る。Aflac