次回予告

2018年6月23日

仲間たちの希望になりたい
会社員「宮城順さん」

小学生のときに白血病と診断され、孤独な入院生活を送る。その後、骨髄移植を受けて病は治ったものの、辛い後遺症との闘いが始まる。社会生活に馴染めず生きる意味を見失っていたとき、患者会に参加。そこで多くの情報を得て治療をすると、体調も改善していった。更に、思いがけない言葉に生きる意味を見いだすことに…。

「生きる」を創る。Aflac