スタジオお宝データ 2016年2月16日放送

名前
山田宗美作 狸置物
鑑定依頼人
三谷峻平さん
ジャンル
近代工芸
鑑定士
大熊敏之
本人評価額
¥ 2,000,000
エピソード
山中温泉で旅館「胡蝶」を営んでいる。風光明媚な鶴仙渓を眼下に望み、客室は落ち着いた書院造り。立地、雰囲気、共に最高だが、なんとこの旅館、元々は繊維業で財を成した祖父の別荘だった。祖父は趣味人で、欄間一つにしてもこだわりぬいて職人に造らせた。お宝はそんな祖父の遺品。祖父は別荘の隣に大きな蔵を建ててしまうほど無類の骨董好きで、いろんなものを集めていたが、とりわけこのお宝を気に入っていた。生前、常々、会社が傾いてもこれを売ればどうにかなる!と言っていた。
鑑定額
¥ 8,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

山田宗美の最高傑作。とにかく作りが一番丁寧で、顔の表情や目、そして口元の表情が極めてよくできている。前脚を伸ばした格好も実に巧み。何よりも依頼品は状態が良い。相当良い材質を使い、丁寧に作っている。本来、鍛鉄というのは割れやすく無理があるのだが、おそらく山田の意識の中にあったのは、誰も作っていないものを自分で作ってみたいという思いだったのではないか。極限までやってみようとしたのだろうが、もはやこれは山田宗美以外は誰も作れない。現在は復元不可能。いささか驚いたのは依頼品には渋沢栄一が山中潾之助に宛てた手紙がちゃんと入っていること。依頼品は一番最初に渋沢栄一がパリで買い上げて、それを実業家・山中潾之助に土産として渡したという来歴がこの手紙によりわかる。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2016年2月16日放送

2016年2月16日

“徳川家の方から頂いた”と父がとても大事にしていた絵。作者不明だったが最近額を外してみたところ「y.tokugawa」のサインが!もしや15代将軍徳川慶喜の作か!?
【ゲスト】藪恵壹

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ

【開運データベース】あのお宝、あの鑑定士を検索!

このお宝の鑑定額は!? 鑑定予想クイズ

鑑定の依頼はこちら