ニュース・更新情報

妖怪ウォッチJam「妖怪学園Y ~Nとの遭遇~」

エピソード
次回予告
第53話「人気者にはやっぱりニセモノが出てくるよね?」

すっかり日常を取り戻したY学園。登校途中、ジンペイにそっくりな人を見た!…と、朝からハイテンションのマタロウ。その背後には、猫妖怪らしきものもついていたという。そっくりさんはジンペイのドッペルゲンガーかもしれないとマタロウが部室で大騒ぎするなか、お腹が空いたジンペイは購買へと向かう。するとさっそく、出会ったら死ぬと言われているドッペルゲンガーに出会ってしまい…!? 明かされるY学園高等部の存在、さらに校庭には、倒したはずのマゼラが新たな脅威として姿を現した!

これまでのお話
1  2  3  4  5  6 
第52話「僕は宇宙一のヒーローになる」

ティーダイン、DSギャラクシーも進化を遂げ、妖怪HEROたちは力を合わせてマゼラボルトと死闘を繰り広げる。そして、その体内に再生した「新生妖魔界」によって、強大な力の根源を得たアースウォーカーNOAアーマードは真の最終形態である「ブラックキャット」へと進化し、マゼラボルト渾身の一撃を跳ね除けるのだった。ブラックキャットたちはパワーを結集し、ついにマゼラボルトを殲滅する! いよいよ惑星破壊ミサイル「ハカイヤーDX」でマゼラ本体であるブラックホールを破壊しようとしたそのとき、マゼラボルトによってハカイヤーDXのメインエンジンが壊されていたことが発覚。このままではマゼラを倒すことができない…そのとき、マタロウがある提案をする。

第51話「死闘マゼラボルト! 地球は宇宙の塵となる」

マゼラの真の姿である「マゼラボルト」は最終兵器ロボ「ガッコウガーENMA」をあっさりと倒し、メイン校舎のほうへと向かう。ほかの生徒たちに危害が及ぶのを阻止するため、ジンペイとコマは最強フォーム「アースウォーカーNOAアーマード」へと変身・合体し、マゼラボルトの後を追うのだった。満身創痍で戦う妖怪HEROたちを見てマタロウも一緒に戦おうと闘志を燃やすが、「今は敵の手の内を見るときだ」とティーダスに止められる。劣勢の妖怪HEROたちの姿を前に必死に耐えるマタロウは、「僕は僕が信じるヒーローでいたい…」と決意を確かなものにして…?!

第50話「エンマダイ理事長の一大決断!最後の校歌斉唱!」

「地球を10分で焼き尽くし、滅ぼす」と宣言したマゼラは、地球各所の火山にメテオゴンを配置。地球が火の海となるまで、残された時間はごくわずかとなっていた。「私が合図した途端、この星は終わりだ」――そう豪語するマゼラを前に絶体絶命かと思われたが、ぬらり師匠との特訓を終えてパワーアップした妖怪HEROたちは、ティーダインの「超速サークル」を使って、すべてのメテオゴンとブラックデイモンを10分以内に一掃するため、立ち上がる! 各地に散らばるメテオゴンをものすごいスピードで倒していくアースウォーカーNOA。だが疲労で変身が解け、ジンペイはなんと爆睡してしまって…?!

第49話「おひさしぶりです、ぬらり師匠」

ついに、異星人との最終決戦の幕が開く!思念体としてY学園に現れたマゼラは、地球を“食す”…つまり、地球を10分で焼き尽くすと宣言する。すべての元凶であるマゼラの言葉を聞き、衝撃を受ける生徒会一同とYSPクラブの面々。フブキはメラと九尾の力を借り、なんとか時間を稼ぐ。時間の猶予ができたものの、異星人の戦力に対して妖怪HEROの戦力は圧倒的に足りない…。最終決戦を前に大幅なパワーアップが必要なジンペイたちの前に、ある人物が現れる。それは、ジンペイとコマが秘密でお世話になったあの“師匠”で…!?

第48話「嵐の前の静かな日常」

ゾディアライアとの決戦から1ヶ月。Y学園にも穏やかな日常が戻りつつあり、ジンペイたちは平和な毎日を過ごしていた。そんななか、学園長が突如、学園の復興を願うイベント「負けないY!立つんだY!YY復興フェスティバル」の開催を決定。その一方でラントは、来たるべき異星人襲来に備えて生徒会組織の再編成を行う。新生生徒会の初任務は、全クラブを巻き込んで復興フェスティバルを成功させ、その裏で異星人への反撃の準備を進めること。YSPクラブは、フェスティバルで学園長がスピーチをするためのお立ち台の設営を任される。ジンペイはメンバーとしてミケッティオを呼び出すが、ミケッティオは何かを作ったことなど一度もなく…。

第47話「悲しき戦姫 エルゼメキアの最期」

ラントの処刑が失敗に終わり、地球血盟生徒会の面々の活躍によってキラボシキャッスルまでも破壊されたエルゼメキアは、地球侵略の最終フェーズを宣言。どんなことをしてでも故郷を守りたい――そんな揺るぎない想いを胸に秘め、エルゼメキアはゾディアライアへと変身を遂げ、天見エルナの体を解放する。ジンペイはミケッティオを憑依しアースウォーカーに、ラントはDS(ディープシャドウ)ギャラクシーに変身し、ゾディアライアに挑む。しかし、マゼラの力によりパワーアップしたゾディアライアは、エルゼシャドウマンを生み出し…!?

第46話「アナンと氷の女王 悲しく稀有な宇宙の物語」

つかの間の平穏が訪れたY学園。ジンペイたちは屋上で集まって今後の戦いについて話し合い、マタロウはクウカにこれまでの変身データをもとにして「URウォッチGAI」のパワー調整をしてもらっていた。そんななか図書室では、臼見沢がひとり、ある本を開こうとしていた。なぜ、この本がY学園の図書室にあるのか・・・。物語の舞台は、宇宙に浮かぶ、氷に覆われた白く美しい星「コーリー」。赤き魔星に脅かされた、遠い星の悲しき物語が今、そのベールを脱ぐ・・・!

第45話「超決戦! キラボシキャッスル攻略作戦!」

ラントの処刑が5時間後に迫るなか、マタロウの活躍によってTJGの破壊に成功し、ジンペイたち妖怪ヒーローがようやく変身できるようになる。クウカがモモに託したキラボシキャッスルの見取り図を頼りに、参歩の指揮のもと、生徒会はラント救出のためにキャッスル攻略の作戦を立案。それは、YSP能力者や戦力になりうる者で総攻撃を仕掛ける・・・というものだ。ただ、キャッスル内には約4000人もの戦力がいるらしい。ジンペイたちはそれぞれ小隊を組み、あらゆる場所からキャッスルへと侵入を試みる。無事にラントを救出し、処刑を阻止することができるのか?!

第44話「ヒーローの資格 出るか新ヒーロー!?」

ラントの処刑が7日後に決定した。「そんなことは絶対にさせない!」と息巻くジンペイたちだが依然として変身することができず、現時点では為す術がない状態だ。そんななか、ナユがラントを救うための提案をする。それは、マタロウをヒーローとして目覚めさせ、まずはTJGを破壊すること。ナユの話では、マタロウの中には本人さえも気づいていない、とてつもなく大きな力が眠っており、その力を解放できれば、この状況下でもヒーローに変身できるというのだ。果たしてマタロウは、最強のニューヒーローとなりえるのか?! そして、宇宙を脅かしてきた真の敵の存在も明らかになる!!

第43話「侵略されたY学園」

エルナ率いるキラボシ共和国は地球を征服し、Y学園もキラボシ共和国の領土となってしまった。「そんなことは断じて認められない!」と、ラント率いる地球血盟生徒会はキラボシ共和国軍隊に対抗しようとするが、キラボシキャッスル内の「TJG(トランス・ジャミング・ジェネレータ)」によってウォッチが無効化されてしまい、変身できなくなってしまう。そこでラントは、学園ポリスと学園マフィアで連合軍を結成してエルナに挑むことにする。しかしその矢先、ラントはエルナに拉致され、見せしめのために処刑されることに。何としてもラントを助けたいクウカが、ついに動き出す!

1  2  3  4  5  6