入場&ラウンド 1-3   ラウンド 4-6
手数で勝るチャンピオン・小松、
パンチの応酬!
  有効なパンチの中沼も反撃
互角の闘いが続く・・・
     

 
ラウンド 7-9   10-12ラウンド&判定&インタビュー
両者疲れも見せず激しい戦い   注目の最終ラウンド、そして判定は!
     

各ムービーを御覧になるには
リアルプレイヤーが必要です



小松則幸
1979年4月21日生まれ(25歳)
24戦19勝(8KO)無敗5分
OPBFフライ級チャンピオン
WBC世界フライ級2位
トラッシュ中沼
1975年2月19日生まれ(29歳)
29戦24勝(11KO)5敗
WBC世界フライ級13位
 
因縁の再対決が「世界挑戦者決定戦」として実現する。
両者は去年8月に小松の地元・大阪で対戦し、小松が判定で勝利を収めたが、その採点が後々まで議論を呼ぶ"曰く付き"の結果となってしまった。その後、敗者の中沼が小松よりも先に世界挑戦を実現させたこともあり、小松の心中は穏やかではない。小松としては、悲願の世界挑戦を実現するためにも"スッキリした形で"中沼を倒したいところである。
一方の中沼は、今年1月の世界初挑戦で敗れた後、6月に久々のKO勝ちで再起し健在ぶりをアピールした。中沼自身は「小松には興味が無い」と公言しながらも、この一戦に勝って「新人王」「B級トーナメント優勝」「A級トーナメント優勝」「日本王者」「東洋太平洋王者」の"タイトル完全制覇"を達成し、世界奪取に弾みをつけたいという。
小松が王者としての意地を見せるのか、それとも中沼の強打が爆発するのか、両者の意地が激しくぶつかるこの一戦は、並みの世界戦を上回るといっても過言ではない"注目の一戦"である。
                    
解説・畑山隆則(元WBA世界S.フェザー&ライト級チャンピオン)
    星野敬太郎(元WBA世界ミニマム級チャンピオン)
ゲスト・未定
実況・四家秀治
 
 

写真提供 ワールドボクシング