川嶋勝重
1974年10月6日生まれ(29歳)
大橋ジム
29戦26勝(18KO)3敗
ラウル・フアレス
1974年5月15日生まれ(30歳)
メキシコ 
42戦32勝(15KO)9敗1NC
 
去る6月28日、戦慄の1RKOで、8連続防衛中の名王者・徳山昌守からタイトルを奪取した川嶋勝重。1RKOでの王座奪取は日本人では史上4人目、12年ぶりとなる快挙であり、何より"難攻不落"と思われていた徳山を見事に攻略した豪打は、日本のボクシング人気復活を予感させる"センセーショナル"そのものであった。
この川嶋が、早くも初防衛戦を迎える。挑戦者はメキシコのべテラン、ラウル・フアレス。13年にも及ぶキャリアを持つフアレスは、あの勇利アルバチャコフを苦しめた粘りが持ち味の技巧派で、メキシコの敏腕マネージャーであるラファエル・メンドーサが送り込んでくるだけに、川嶋にとっても決して侮ることの出来ない相手といえる。
徳山戦でファンに強烈なインパクトを与えた川嶋。その勝利がフロックか、それとも実力か!!
川嶋のボクシングの真価が問われる注目の一戦だ。
 

写真提供 ワールドボクシング