カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

2008929日放送

「家電量販No1!ヤマダ電機強さの秘密」

シェアする

ヤマダ電機 会長
山田 昇(やまだ・のぼる)

9月末、ヤマダ電機は「109」の隣接する地に新店舗「LABI渋谷」をオープン。
池袋を皮切りに始まった都心攻勢も、ついに若者の街・渋谷にまで勢力を拡大した。
ライバルの量販店が近接しているため、新たな家電量販戦争ぼっ発か、と注目を集める。

わずか35年で家電販売ビジネスを一変させ、売上高1兆7600億円の業界トップとなった、
ヤマダ電機。
創業者の山田昇は、家電メーカーの工場社員だったころに起業を目指し、わずか8坪の小さな電器店からのスタートを切る。急速に売り上げを伸ばしていったその裏側には、町の電器店の開業以前からの恐るべき作戦が隠されていた。

価格破壊でダイエーが1兆円を達成した頃...ヤマダ電機も量販店へと規模を拡大した。
そのころ、家電量販店が全国で出店攻勢を強め、各地では"家電量販戦争"がぼっ発。
ヤマダ電機は北関東の雄・コジマと激しく争った。
ヤマダ電機はどのように全国No1の座を勝ち取っていったのか?

一方で急成長の家電量販業界が抱えた、"ヘルパー問題"。
かつてない巨大小売り(占有率)となったヤマダ電機はこの6月、公正取引委員会から排除措置命令を受けた。一体何があったのか。メーカーとの小売りは今、どんな関係にあるのか。
様々な競争を乗りこえ、急成長を遂げたヤマダ電機の歴史を、創業者自らが語り明かす。

社長の金言

チラシは"ストーリー"だ!

"安さ"こそが最大のサービスである

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

座右の銘

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ