カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

次回のカンブリア宮殿は 42日(木)

ニッポン企業・大改革時代 第2弾!
巨艦パナは変われるか? 凄腕"出戻り"の挑戦

パナソニック 専務
樋口 泰行(ひぐち やすゆき)

世界一を誇った日本の"家電"が没落して、既に10年以上... 各社、大規模なリストラなど改革を断行するも、中国や韓国、台湾メーカーの台頭という市場の激変についていけず、今も苦しみ続けている。そんな中、日本のものづくり企業の象徴といえるパナソニックは、自らの屋台骨をも大きく変貌させる大改革に乗り出した。その尖兵に指名されたのは...40年前に松下電器に入社したものの退職、その後、世界中の成長企業を渡り歩き、熾烈な現場で勝ち抜いてきた"凄腕の出戻り男"だった。日本のものづくりの未来を占う、パナソニックの次の戦い方を追う!

バックナンバー

前回の放送|3月26日(木)

ニッポン企業・大改革シリーズ 第1弾
知られざるローソン コンビニ未来宣言

ローソン 社長
竹増 貞信

驚異的なスピードで拡大を続けてきたコンビニ市場。しかし今、転換期を迎えている。そんな中、新感覚のスイーツを武器に快進撃を続けるローソン。50歳の竹増貞信社長は言う。「尖がっているからこそ、マスに売れる」 絶好調のナチュラルローソン、知られざる戦略とは?未来型の実験店舗「ローソンゴー」とは?コンビニ改革の最前線に迫る!

詳しくはこちら

バックナンバー 一覧へ

テレ東プラス記事

    社長の金言

    • とがっているから マスで売れる

      ローソン 社長
      竹増 貞信

    • 客の求めるものが 売れるもの

      すかいらーく 創業者
      横川 竟

    • 町工場の連携で ムーブメントが起きる

      セメントプロデュースデザイン 社長
      金谷 勉

    読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

    JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

    ページトップへ