カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

2008106日放送

「ヤマダ電機に見る、ニッポン流通の未来図」

シェアする

ヤマダ電機 会長
山田 昇(やまだ・のぼる)

ヤマダ電機が創業から現在まで、注力していることがある。
それは、チラシ。山田のチラシの歴史は、家電量販戦争を生き抜いた、勝者の歴史でもある。
会長となった山田にとって、チラシはいまも大きな戦略の柱だ。
その戦略の秘密を、聞く。

一方で、スーパーやコンビニなどではいま、PB(プライベート・ブランド)が大流行。
巨大化した小売業が大量の自社商品を、中間コストを省き売る...品質の変わらない商品ならばと、安く買えるPB商品に消費者の注目が集まっている。
「製造」と「販売」の関係にいま、大きな変化が生まれている。
そうした中でさらに加熱する、激安戦争...流通そのものが消耗戦へと突入する中で、
勝ち続けるヤマダ電機。徹底的な"安さ"を売りに出来る秘密は一体、どこにあるのか?

いまや「地域通貨」のような存在ともいえる「ポイント制度」...
その裏側にある収益の仕組み。
また、ほとんど知られていない、ヤマダ電機の高収益ビジネス部隊。
さらには、家電量販店が駆逐した町の電器店との共同戦線...
激変する流通業の中、誰も知らないヤマダ電機の本当の強さの秘密を徹底分析。
一体この時代、ヤマダ電機はどう稼いでいるのか!?
ヤマダ電機のビジネスから、ニッポン流通の未来図を予想する。

社長の金言

“安さ”支える収益源を作れ

“市場”の事は“市場”に聞け

今後は130億円損しても休みは取る

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

座右の銘

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ