カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

2014410日放送

奇跡の復活!
ロイヤルホスト15年間長期低迷からの脱却

シェアする

ロイヤルホスト 社長
矢崎 精二(やざきせいじ)

浮き沈みの激しい外食業界で最近元気なのがファミリーレストランのロイヤルホスト。「ちょっと高いけどおいしい」「サービスがしっかりしている」と客からの評判も上々だ。 しかしロイヤルホストは最近まで1996年から15年連続で既存店の売り上げが前年を下回るなど長きにわたる低迷状態に陥っていた。この状態を立て直したのが現社長・矢崎精二。矢崎は2011年に社長に就任するや、たったの1年で売り上げを回復させる。 矢崎がまず取り組んだのが徹底したおいしさの追求。コスト競争で疲弊した現場にアッと驚く手法を持ち込んだ。矢崎はロイホの特徴である各店舗にコックを複数人置くことを復活させ、ひと手間かけた料理を提供。また食材も見直しアメリカの上質な牛肉やイタリアの小さなメーカーの評判のパスタを使ったメニュー開発を進めた。当然 原価は上がるが おいしさのためにコストをかけて改革を進めた。 「ファミレスの使命は終わった・・・」といわれるなか、矢継ぎ早に改革を進めロイヤルホストを復活させた矢崎の改革の全貌を解き明かす!

社長の金言

足し算で愛される店を増やす

RYU'S EYE

座右の銘

放送内容詳細

おいしさで復活の舞台裏

15年間既存店の売り上げが下がり続けるという異常事態にロイヤルホスト社長の矢崎精二は大胆な改革を行った。それは高くてもおいしい料理で人を呼び込むというデフレ経済下では常識破りの手法。徹底した味へのこだわりで各店舗に複数のコックを置き、ひと手間かけた料理を提供。さらに矢崎は食材を見直した。例えば、パスタはイタリアの小さなメーカーへ矢崎が直々に足を運び口説いたこだわりのものを使用。当然、 原価は上がるがおいしさのためにコストをかけて改革を進めた。

伝説の外食王と呼ばれた創業者・江頭匡一のDNA

創業者の名は、江頭匡一。日本にファミリーレストランを生み、“外食王”と呼ばれた、業界の革命児。矢崎は、創業の精神を取り戻すためサービスも見直した。ファミレスの多くが導入するドリンクバーを随時廃止。また“お客様に食事を通して豊かな時間を楽しんでいただく”ため、店員を呼ぶベルスターも取りやめる。今に伝わる江頭イズムの神髄とは?

埋もれた食材利用で日本を元気に!

矢崎は昨年、「日本再発見構想」を発表。その意図は? 四国の食材生産地を訪れた矢崎は「日本は食材の宝の山。こだわり抜かれた素材をロイヤルホストが使用することで生産地のPRにもつながる」と各農家に語りかける。生産者とロイヤルホストそして消費者みんながハッピーになれることを目指し、「地域おこしの一端を担えれば」と ロイヤルホストだからこそ出来ることを模索している。

ゲストプロフィール

矢崎 精二

  • 1951年福岡県生まれ
  • 1974年関東学院大学経済学部を卒業後 ロイヤル子会社の
    物産ロイヤルに入社。同年7月、親会社のロイヤル株式会社へ転職。
  • 1977年ロイヤルホスト東京進出1号店(三鷹店)の店長に抜擢。
  • 2011年1月ロイヤルホスト(株)代表取締役社長に就任

企業プロフィール

  • 東京本部 東京都桜新町1-34-6
  • 1953年 ロイヤル中洲本店開業
  • 1971年 ロイヤルホスト1号店北九州市に出店
  • 売り上げ 393億円(2013年)
  • 従業員数 599名(社員のみ2月末時点)
  • 店舗数  228店舗(4月10日時点)

村上龍の
編集
後記

冒頭、「V字回復と言われていますが、『ロイヤルホスト』完全復活と考えていいのでしょうか」と質問をした。失礼ながら、わたしは矢崎さんの危機感を試そうとしたのだ。「はい、完全復活です」という答が返ってきたら、どうやって収録を進めればいいのだろうと危惧していた。だが、そこは、反骨の九州男児、「完全復活とは考えていません」という頼もしい言葉が聞けた。確かに、伝統的 なファミレスの時代は終わっているのかも知れない。偉大な創業者は、「おいしいものを多くの人に」という理念を掲げたが、それはすでに理想ではなく、現実となっている。おそらく矢崎さんは「よりおいしいものをより多くの人に」と考えているのだろう。飲食業として、それは永遠の理想であり、危機感の源泉でも ある。

村上龍

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ