カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

2020326日放送

ニッポン企業・大改革シリーズ 第1弾
知られざるローソン コンビニ未来宣言

シェアする

ローソン 社長
竹増 貞信(たけます さだのぶ)

驚異的なスピードで拡大を続けてきたコンビニ市場。しかし今、転換期を迎えている。そんな中、新感覚のスイーツを武器に快進撃を続けるローソン。50歳の竹増貞信社長は言う。「尖がっているからこそ、マスに売れる」 絶好調のナチュラルローソン、知られざる戦略とは?未来型の実験店舗「ローソンゴー」とは?コンビニ改革の最前線に迫る!

社長の金言

とがっているから マスで売れる

RYU'S EYE

座右の銘

放送内容詳細

絶好調のナチュラルローソン、知られざる戦略

33カ月連続増収、いま絶好調の「ナチュラルローソン」。コンビニには珍しい、店内で焼き上げる焼きたてパンや健康志向のオリジナル商品で、女性客のハートをがっちり掴んでいる。実はナチュラルローソン、首都圏にしかなく店舗数も、通常のローソンの100分の1という144店舗。スモールメリットを生かし、尖がった商品を発売できるのが強みだ。さらに、ナチュラルローソンでヒットすれば、全国のローソンで大展開するという「実験店舗」の役割も果たしている。大ヒット商品のブランパンやグリーンスムージーもこうして生まれた。そんなローソンを率いるのは、竹増貞信社長。年間500店舗を視察し、店長や店員たちの生の声に耳を傾けるフットワークの軽い社長だ。

社内改革でヒット連発!未来型店舗も…

2016年に社長に就任した竹増が目指したのは、ローソンの顔となった「プレミアムロールケーキ」を超える新しいスイーツの開発。そこで、女性開発チームをつくり権限を与えた。自分のもとに届くまでのプロセスを無くしたのだ。すると、彼女たちの開発した新食感のスイーツ「バスチー」が大ヒットする。また、いま問題となっている長時間労働問題を解決すべく、新たな実験店舗をつくっていた。その名もローソンゴー。レジが無く、商品を手に取り、そのまま店を出ると精算が終わっているという画期的なシステムだ。さらに、いまやコンビニになくてはならない存在の外国人スタッフを支援する取り組みも始まっていた。

ゲストプロフィール

竹増 貞信

  • 1969年8月 大阪府出身
  • 1993年大阪大学経済学部卒、三菱商事入社、小林社長秘書
  • 2014年ローソン副社長に就任
  • 2016年代表取締役社長に就任

企業プロフィール

  • 創 業:1975年(ローソン1号店大阪桜塚店)
  • 売上高:2兆4,245億円(連結2018年度)
  • 店舗数:14,659店舗(国内のみ2019年2月末)
  • 従業員数:10,395人(国内のみ連結)

村上龍の
編集
後記

業界全体で加盟店との関係が問題化している。竹増さんは、社長に就任して以来、年間で約500店舗を視察し、現場の声を聞き、基本として24時間営業を続けながら、人手不足を解消する策を模索している。印象的だったのが、ローソンゴーの展開の中、アマゾンゴーに話題が移った時と、トップを走るセブンイレブンとの関係を聞いた時だ。「アマゾンゴーはすごい」と子どものような表情になり、「セブンイレブンには興味がない」と明言した。50歳、若さを感じた。ローソンはいろんな意味で若返った、そう思った。

村上龍

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ