カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

202057日放送

特別総集編"世界最強"創業者スペシャル
大ピンチに生き残る経営!

シェアする

アマゾン 創業者
ジェフ・ベゾス
ダイソン 創業者
ジェームズ・ダイソン

今回は特別版。滅多に取材に応じない世界的に有名なアマゾン創業者ジェフ・ベゾス氏と伝説的な商品開発で家電市場に革命を起こしたジェームズ・ダイソン氏。世界中が新型コロナウイルスに苦しむ中、ダイソンは人工呼吸器を急ピッチで開発し、ベゾスは病院や学校に多額の支援をするなど、ビジネスだけでなくコロナにも攻めまくっている。慢性的な赤字や大失敗の日々から、徹底的に妥協しない姿勢で世界的ビジネスを作りあげた2人の言葉から、ピンチに生き残るためのヒントを探る!

社長の金言

客が喜ぶことにしか お金は使わない

世界を変えたいなら アドバイスは聞くな

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

座右の銘

放送内容詳細

ついに年商30兆円!家のガレージから”アマゾン帝国”を作り上げた伝説の男

本やDVD、食品、家電製品、日用雑貨、衣料まで…今や生活に欠かせないサービスとなっているネット通販、アマゾン。カスタマーレビューやレコメンデーション機能など「徹底した顧客主義」で貫かれたアマゾンの本社に潜入すると、そこで使われる机は、ドアの再利用品ばかり。さらに照明は工事現場のライトだった。そんな自由奔放な考え方と倹約の姿勢こそが、アマゾン成長の原動力だった。創業者ベゾスは、そのビジネススタイルもとにかく異端。創業以来の赤字続きで巨額の投資を続け、なんと黒字化は創業から9年経った2003年だった。あまり知られていなかったジェフ・ベゾス、驚きの経営の全貌!

試作品の失敗5000台!怒りと執念の開発で掃除機に革命を起こした男

「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」…こんな刺激的なキャッチコピーで知られるダイソンの掃除機。紙パックが当たり前だった世界の掃除機市場をサイクロン式で一変させ、いまや年商は6000億円に迫る。その後もダイソンは、扇風機やドライヤーなど、独自の機能とデザインで家電業界に革命を起こしている。1970年代、ジェームズ・ダイソンは「紙パック式掃除機の吸引力が弱い欠点」に怒りを覚え、独り自宅の倉庫で掃除機研究を始める。そして5年に及ぶ開発の末、サイクロン式を生み出す。そこに至る試作品の数は5000台以上。しかしその後も、製品化する資金がなく、世界中のメーカーにライセンス生産をしないか持ちかけるが全て断られるなど、開発から発売まで15年もの年月を費やした。ダイソンはいかにサイクロン式を世に出したのか。日本も関係するその知られざる物語と、ダイソン独自の商品開発の哲学に迫る。

ゲストプロフィール

ジェフ・ベゾス

  • 1964年アメリカ生まれ
  • 1986年プリンストン大学卒業
  • 1994年アマゾンの前身となる会社設立

企業プロフィール

  • 本 社:シアトル
  • 年 商:約30兆円

ジェームズ・ダイソン

  • 1947年イギリス生まれ
  • 1986年初のサイクロン式掃除機 Gフォース発売
  • 1993年ダイソン設立

企業プロフィール

  • 本 社:シンガポール
  • 年 商:約5800億円

村上龍の
編集
後記

ジェフ・ベゾスが倉庫を歩いてきたとき、アマゾンの時価総額はまだ1000億ドルだった。今や、1兆ドル近い。それだけの努力をしてきた。徹底して物流とITを結びつけたところにすごさを感じる。新型コロナウイルスによって売上はさらに伸びるだろう。だが本人が言うとおり、売り上げには興味がない。どうやって顧客を満足させるか、その1点だけだ。ダイソンも、ニコニコと気さくだったが、アングロサクソンの執念を感じた。決してあきらめないし、製品に妥協はない。二人の共通点はそこにある。妥協がゼロなのだ。

村上龍

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ