カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

10001054

テレビ東京系にて放送中

2020924日放送

「あなたの気象台」になりたい!
世界最大級の民間気象会社の全貌

シェアする

ウェザーニューズ 代表取締役社長
草開 千仁(くさびらき ちひと)

「あなたの気象台」を標榜する民間気象会社「ウェザーニューズ」は、「気象庁」が出す気象情報と差別化を図り、個人や法人のニーズに沿った、民間ならではの細かなサービスを提供している。最高温度を更新し続ける猛暑や突然のゲリラ豪雨など、命に関わる「異常気象」が多発する昨今、気象情報の重要性はさらに高まっている。
世界を舞台に成長著しい、天気をビジネスにした世界最大級の民間気象会社、その全貌に迫る!

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

放送内容詳細

自治体にも個人にも信頼が厚い「ウェザーニューズ」

今年7月、線状降水帯という長時間一定の地域に大雨を降らす現象が西日本を襲った。中でも、80人ほどの死者・行方不明者を出した九州豪雨の被害は甚大。福岡県八女市も、その被害を受けた地域の一つだ。こうした大災害時、自治体は気象庁だけでなく、ウェザーニューズの天気予測を確認するという。ウェザーニューズの天気予測は、より細やかな地域のピンポイント情報を提供してくれるため、住民の避難時に的確な行動を取りやすいからだ。ウェザーニューズと契約する自治体は全国に250程ある。ウェザーニューズは個人客からも信頼が厚い。例えば、猛暑の時にはアプリ「ウェザーニュース」を通して熱中症アラームを出したり、「天気痛予報」なるものも提供している。また24時間365日、ライブ配信しているユーチューブの「ウェザーニュース」は自社のキャスターを使い、自社スタジオから放送。人気の理由は「予報精度」だ。天気予報90%以上(気象庁は80%台)の確率を誇る。ウェザーニューズの人気ナンバー1を維持する独自戦略に迫る。

創業の原点は「船乗りの命を守りたい」

ウェザーニューズは業種に応じた気象サービスの提供を44業種にわたって行っている。仕事のベースにあるのが創業時の精神、「気象情報で人命を守りたい」。1970年、創業者の石橋が商社勤務時代に担当した貨物船が遭難し、15人の船員が命を落とした。石橋は、船乗りのための気象情報が存在していなかったことが事故の原因だと考え、「船乗りの命を守りたい」と一念発起、気象会社に転職し、1986年にウェザーニューズを設立した。「命を守る」気象サービスの探求は今も続いている。

新ビジネスで過疎地の買い物難民を救え!

8月、長野県伊那市で、買い物難民の生活を守る試みが始まった。それは、店が少ない山間の集落へ商品を届けるドローンを使ったる配送サービス。このサービスを支えるのは、ウェザーニューズが開発した観測機「ソラテナ2」。気象の影響を受けやすいドローンの運航の可否や飛行ルートを決めるなど運航の安全面をサポート。買い物難民や災害時に孤立集落が生じた際の、新たなビジネスに密着した。

ゲストプロフィール

草開 千仁

  • 1965年東京生まれ
    (青山学院大学 理工学部卒業)
  • 1987年入社
  • 2006年代表取締役社長 就任

企業プロフィール

  • 創 業:1986年
  • 所在地:千葉市美浜区中瀬1-3
  • 従業員数:1,049人(2020年5月)
  • 売上高:179億円(2020年5月期)

村上龍の
編集
後記

「仕出し弁当屋の悩み」がウェザーニューズを象徴する。「東京地方、明日は曇り、ところにより雨、午前中の降水確率は20%、午後は60%」という情報からは仕出し弁当屋は判断できない。欲しいのは午前6時に弁当を注文した団体が中止を決定するほどの雨がグラウンドで降っているかという、より細かな情報だ。それが可能になって初めて「あなたの気象台」が実現する。創業の理念は、草開さんに見事に受け継がれている。それは、気象がいまだわからないことが多いからではないか。努力に終わりがないからではないだろうか。

村上龍

読んで分かる「カンブリア宮殿」コラム

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

ページトップへ