カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

1161155

テレビ東京系にて放送中

202124日放送

ステイホームでヘルシーに!
ここまで美味しくなった"大豆ミート"
60年にわたる黒子企業の挑戦とは!?

シェアする

不二製油グループ本社 社長
清水 洋史(しみず ひろし)

コロナ禍のいま、ステイホームでヘルシーなものが食べたいと注目を集めているのが"大豆ミート"だ。大豆から作った唐揚げやハンバーグの食感は肉そのもので「言われてみなければわからない」という声も多い。そんな"大豆ミート"のトップ企業が不二製油グループだ。60年以上も前から食糧不足の未来を見据えて大豆ミート事業に取り組み、赤字続きでも絶対に諦めなかった開発の全貌に迫る。

社長の金言

BtoB企業も消費者とのコミュニケーションを

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

放送内容詳細

肉と間違える人が続出!?…広がる“大豆ミート”トップ企業

いま、大豆から作られる“大豆ミート”が脚光を浴びている。食肉大手企業を始め、コンビニやハンバーガーチェーンが軒並み“大豆ミート”事業に参入している。様々な企業が頼りにするのが、不二製油グループだ。創業70年の製油メーカーで、油脂の技術を生かして食品メーカー向けに様々な製品をつくる、いわゆる黒子企業だ。60年以上も前に大豆ミートの開発を始め、最近では、大豆ミートで作られたハンバーグやラザニアが食べられるレストランをオープンした。油淋鶏はまるで鶏の食感で、大豆だと気づかない客も。さらに不二製油は、人気のラーメンチェーン・一風堂のとんこつスープをなんと大豆でつくるという。

孫の代になれば分かる…諦めなかった“大豆ミート”開発秘話

1990年に起こったティラミスブーム。実は不二製油、このブームの陰の立役者だという。ティラミスに使われるのはイタリア産マスカルポーネチーズだが、値段が高かった。そこで不二製油は、植物性油脂を使った代替品、マスカルポーネならぬ“マスカポーネ”を開発。これが国内のティラミスの7割に使われたというのだ。一方で、2代目社長・西村政太郎が始めた大豆ミートの開発。当時は、おいしくない上に値段も高く、赤字続きだった。それでも、西村は開発者たちに「君たちの“孫の代”になれば分かる」と諦めなかった。将来、世界の人口が爆発的に増加し、肉をはじめとする食料が不足することを予測していたのだ。

ゲストプロフィール

清水 洋史

  • 1953年長野県生まれ
  • 1977年同志社大学法学部卒業、不二製油入社
  • 1989年油脂課から大豆を扱うたんぱく事業本部企画室に異動
  • 1999年新素材事業部長兼新素材開発部長
  • 2013年不二製油グループ本社社長

企業プロフィール

  • 本 社:大阪市中之島3-6-32
  • 設 立:1950年(昭和25年)
  • 年 商:4147億円(2020年3月期・連結)
  • 従業員:5874名

村上龍の
編集
後記

清水さんは懸命に、自社の技術について語ってくれた。たとえばUSS製法、世界初の大豆の「分離分画技術」のことで、不二製油の成長戦略「大豆ルネサンス」の核となる。ただすごい技術だということは伝わってくるのだが、大豆を分離することで「低脂肪豆乳」と「豆乳クリーム」が得られると聞いてもよくわからない。不二製油は製油メーカーとしては最後発の会社。だから「大豆は地球を救う」と本気で思う必要があった。その技術に接すると、大豆ミートを食べてみると、実際、大豆は地球を救うかもしれないと思わされる。

村上龍

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

日曜スペシャル ガイアの夜明け

ページトップへ