カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

1161155

テレビ東京系にて放送中

2021318日放送

独自商品でヒット連発!
湘南生まれの地元密着スーパー

シェアする

スズキヤ 社長
中村 洋子(なかむら ようこ)

湘南で生まれた感動のスーパー・スズキヤ。地元の海であがった新鮮な魚介類が並び、弁当・惣菜コーナーには特大アジフライからコンテスト最優秀賞のお弁当まで。さらに、独自のオリジナル商品でもヒット連発。愛されて120年!「常に新しいことを試そうとしている」と地元客も絶賛。大手に負けないローカルスーパーの底力に迫る!

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

放送内容詳細

ヒット連発!地元とタッグで独自開発

湘南のあるスーパーマーケットに1年間に10万食も売れる、人気の“のり弁”がある。女性のパート社員が考案したオリジナルのお弁当だが、「お弁当・お惣菜大賞」で最優秀賞にも選ばれた。スーパーの名前は「スズキヤ」。神奈川県の湘南を中心に8店舗を展開しているが、大手スーパーがひしめく地域でお客さんをしっかり掴んでいる。その理由は、独自開発商品だ。地元の漁港や企業、レストランなどとタッグを組んでオリジナルの商品を次々に共同開発している。ブイヤベース、フォアグラの春巻きなど、ここにしかない味が並び、地元の人たちに愛されている。

波乱万丈な人生から地元愛へ

スズキヤは1902年、中村社長の祖父・鈴木安治が逗子で創業する。最初は酒・食料品・雑貨・燃料などを販売する「よろず屋」だったが、1957年スーパーマーケットに業態変更する。4人兄弟の末っ子として生まれた中村は、六本木でスナック、西麻布にウナギの専門店と次々にヒットさせ、いきなり夫と世界放浪の旅に出る。41歳でスズキヤの社長を引き継ぎ、大手スーパーとたたかうために「地元密着」を掲げる。地元でとれる新鮮な魚介や野菜にこだわり、地域の企業などと独自商品の開発を始める。さらに高齢者の多い地域性を考え、宅配にも力を入れる。いまや、配達だけでなく、安否確認にも一役買っているという。

ゲストプロフィール

中村 洋子

  • 1946年神奈川県逗子市生まれ(次兄はスターバックス日本代表、三兄サザビー創業者)
  • 1967年関東学院女子短期大学卒業
  • 1988年株式会社スズキヤ代表取締役社長就任
  • 2009年社団法人日本セルフ・サービス協会と社団法人全国
    スーパーマーケット協会合併、常任理事就任

企業プロフィール

  • 1902年小売販売業を鈴木安治が開業
  • 1957年スーパーマーケットに業態変更
  • 1988年代表取締役社長に中村洋子就任
  • 1991年置地廣場出店
  • 2004年資本金2億2500万円に増資
  • 2021年お弁当・お惣菜大賞において7年連続で最優秀賞・優秀賞を獲得

村上龍の
編集
後記

「高くても売れる、地元客が殺到するスーパー」と言われるスズキヤ。中村さんの笑顔がすべてを物語っている。美味しいもの、楽しいことが大好きという雰囲気を感じるが、美味しいものも、楽しいことも、簡単には手に入らないことを知っている。「スーパーには絶対に置かない」というメーカーも、社長の真摯で熱意あふれる交渉で最終的には笑顔で合意するという。無敵のバイヤーと呼ばれるが、その素敵な笑顔を手に入れるためにあらゆる努力を払っている。

村上龍

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

日曜スペシャル ガイアの夜明け

ページトップへ