カンブリア宮殿

村上龍 × 経済人

1161155

テレビ東京系にて放送中

202192日放送

多種多様なロングセラー・・・
定番を進化させる独自戦略

シェアする

森永製菓 社長
太田 栄二郎(おおた えいじろう)

キャラメル、チョコボール、チョコモナカジャンボ...。誰もが目にしたことのある菓子を世に送り出してきた日本を代表する老舗菓子メーカー「森永製菓」。創業120年を超え、成長を続けられる要因は、社員たちの「開発精神」にある。コロナ禍では、菓子メーカー全体が苦境に陥る中、森永は、片手で食べられ、シェアもできるチョコモナカジャンボの売り上げを大きく伸ばし、危機を乗り切った。さらに、古くから客に愛され続けるロングセラーを進化させた商品もヒットにつなげている。新商品の開発よりも、定番商品に磨きをかけ、時代に合わせた人気商品に育て上げていく手法。森永製菓流・こだわりのヒット商品開発術に迫る。

RYU'S EYE

RYU’S EYE

座右の銘

放送内容詳細

ロングセラーに磨きをかけ続ける 森永製菓の商品開発術

森永製菓のロングセラー商品「チョコモナカジャンボ」は、アイスの売り上げで20年連続最高売上を更新し続けている稼ぎ頭だ。一般的にアイスには消費期限がないため、各メーカーは夏の需要に向け、冬場に作りだめをする。しかし、食感の鮮度が命のチョコモナカジャンボは、パリパリ感にこだわり、製造から5日以内に出荷。さらにモナカの皮が湿気で柔らかくならないよう、チョコで「壁」を作るという独自の開発もした。また日本気象協会と連携し、客の需要予測にも力を入れて商品の鮮度を追求する。開発、製造、営業と、あらゆる社員が「パリパリ」のために全力を注いでいるのだ。アイスだけではない。古くから愛され続ける人気商品に磨きをかけることも森永製菓の真骨頂。コロナ禍で菓子類が不調になるなか、森永製菓はロングセラー「チョコボール」の派生商品として、中のピーナツ部分を大人のためのおつまみとして売り出した。それがおうち需要にマッチし人気を呼んでいる。他にもキャラメルやハイチュウといったロングセラー商品を時代にマッチさせるために改良し、新たな需要につなげている。多くの商品が乱立する菓子業界で、愛される商品を終わらせない信念の開発精神に密着。

失敗から学び続ける 老舗菓子メーカーの歩み

創業者・森永太一郎はアメリカに渡り西洋菓子作りを学ぶ。11年間の修行の末、「日本人に美味しい西洋菓子を食べさせたい」という想いから、帰国後の1899年にわずか2坪の菓子工場を赤坂に作った。しかし、チョコやキャラメルを売り出すも、東京中の店に断られ全く売れなかった。日本人の嗜好や日本の気候風土に西洋菓子は合わなかったのだ。そこで森永は日本人にあった菓子を作ろうと一から開発を始めた。1914年には紙箱に入れた「ポケット携帯型」という販売方法で森永キャラメルを大ヒットさせ、1918年には日本初の国産ミルクチョコレートを発売。菓子作りだけでなく、制服の貸与、8時間労働制の導入など、職場環境の整備を次々と行い、菓子業界のみならず、日本企業全体の先駆者として道を切り開いてきた。現社長の太田栄二郎は、営業畑で鍛えられ続けた叩き上げ。入社16年目で北海道の支店長に抜擢される有望株だった。しかし、そこから失敗の連続が続く、冬の人気商品「甘酒」を夏に需要を取り込もうと発売した「冷やし甘酒」で大失敗。ウコンブームにあやかり「ウコンアイスバー」を出すが大失敗。そんな失敗続きの太田が、のちに森永製菓の危機を救うことになる。

ゲストプロフィール

太田 栄二郎

  • 1959年兵庫県生まれ
  • 1982年同志社大学商学部卒業後、森永製菓に入社
  • 2019年取締役営業本部長、専務執行役員など経て
    代表取締役社長に就任

企業プロフィール

  • 住 所:東京都港区芝5-33-1
  • 創 業:1899年(明治32年)
  • 従業員:(連結)2,825名
    (単体)1,439名

村上龍の
編集
後記

あのエンゼルマークを見ると幸福な感じになる。食べる人の幸福を真剣に考えてきた企業なのだとわかる。ミルクキャラメルの商品化には15年かかっている。明治から大正にかけての15年は長い。だが創業者は妥協しなかった。太田さんは、目先を追わないという森永のモデルを作ったが、ウコンアイスでは失敗した。ウコンアイス、酒飲みのアイデアだ。まったく売れなかった。だがそれをジョークで話せる太田さんはすごい。他に失敗が見当たらないのだ。

村上龍

JMM Japan Mail Media 編集長 村上龍

日曜スペシャル ガイアの夜明け

ページトップへ