日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週金曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

201131 放送 第457

新幹線がやって来た!~進化する超特急 その光と影~

今年3月、北は青森から南は鹿児島まで、ニッポン列島が新幹線でつながる。全線開通する九州新幹線と、去年、新青森駅まで全線開通した東北新幹線。これまでも新幹線の延伸に合わせて、多くの地方都市が「街おこし」に躍起になってきたが、今回はスケールが違う。JR、地元自治体、そして地元企業の力が入っている。人口が縮小し、国内消費も長期低迷する中、"新幹線ビジネス"は新たな起爆剤になりうるのか?新たに走る新幹線を使い、魅力ある「旅のプラン」を作る旅行会社や、「悲願」にかけた地元企業たちの熱き取り組みを追う。
いっぽう、世界に冠たる技術の結晶であるニッポンの「新幹線」。今回、東北新幹線は将来、時速320キロを予定する国内最速の新型新幹線「はやぶさ」を導入する。番組では、デビュー前から「はやぶさ」の走行試験の模様を独占取材してきた。最近では、海外への「新幹線輸出」も取りざたされているが、最新技術に加え、日本初の車両サービスも提供されるという、「次世代新幹線」の実力とはどれほどのものなのか?人口減少時代を迎えるニッポンで、新幹線ビジネスが直面する、光と影を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

国内最速の新幹線・はやぶさ・・・・独占!時速320キロの秘密

去年の12月4日、東北新幹線が八戸~新青森駅間が開業。八戸以北に、新幹線が開通した。来年3月5日には、東京~新青森駅間を約3時間10分で結ぶ新型車両・E5「はやぶさ」が登場。国内最速320キロを誇る、新幹線がデビューする。(320キロでの走行は2012年度末を予定)新幹線の最高時速アップは15年ぶり。この新型新幹線、国内最速にも関わらず、低騒音。低電力、そして乗り心地も向上している。そこには、ニッポンの最先端の鉄道技術が注ぎこまれていた。たとえば新型新幹線は、パンタグラフが1つだけ...。省電力、低騒音の新幹線初の技術が投入されている。現在、試験走行は終盤に入り、営業開始までテスト走行が続けられている。また、ハヤブサには「グランクラス」というグリーン車のワンランク上の車両も登場。新幹線史上、初めての「おもてなし」があるという。果たしてその実力とは?

JR東の地方活性化プロジェクト...新幹線ビジネスの光と影

地方に新幹線を開通させて、それでおしまい...という従来の発想ではなく、地域の特産物、観光資源などの掘り起こしを、JR東日本は地元企業と連携。「地域再発見プロジェクト」と称して、JRが自ら地方の中に入り込んで、町おこしをする。こうした取り組みは、JRとしては初めてだという。今までは、新幹線を通して、集客の企画は地元や他業種任せだった。JR東日本は運輸事業から脱却を目指し、「非運輸事業」に注力している。ルミネ、アトレ、エキナカ...。 2017年度には、売上高構成の実に4割までにする計画だ。採算性の低いローカル線を維持するためにも、「非運輸事業」で稼ぎ新幹線が通る地元との「共存共栄」は、欠かせない。新青森駅ではなく、街の中心にある青森駅にこうした施設を作るのは、地域活性化に貢献するという大きな決意の表れなのだという。現在、エキナカなどで培ったセンスを持つチームが、こだわりの素材と、味にはうるさい地元の寿司店などを探しだし、都会からの観光客にも買ってもらえるような商品にするよう、企画指導に入っている。JR東日本が、ヒト、カネを出して薦める地方密着プロジェクト。開業後しばらくたって新幹線の「利用者減、赤字...」という轍を踏まないために、地元に入り込んで奔走するチームを追う。

新たな旅を売る男たち...新幹線ニッポン縦断ツアー

3月12日に全線開通する九州新幹線。新大阪から鹿児島までを一気に結ぶ。そこで、高齢者を得意とする旅行代理店「クラブツーリズム」は3月中旬以降に東京から九州まで新幹線で横断する珍しい旅行ツアーの開発に乗り出した。すでに、日本列島を新幹線で横断するツアーを販売し売れ行きも好調。「飛行機嫌い」「時間や金にも余裕がある」高齢者にニーズがあったのだ。新商品の開発を任命されたのは、入社5年目の福原聡一(27)さん。新たな観光地域やホテルを探しに九州へと乗り込む。しかし・・タイミング悪く起きた相次ぐ鹿児島での火山の噴火。「客離れ」も懸念される。風評被害がとぶなか客を呼ぶ商品を作らないといけない・・。果たして福原さんは、どんなツアーを作るのか。

再生をかけて...100年に一度の町おこし

九州新幹線開通に再生をかけた町がある。熊本県北部に位置する「玉名市」。この玉名市に新幹線の停車駅「新玉名駅」」ができる。開業すれば博多から玉名市までは、約30分で結ばれる。玉名市は、古くから温泉で栄えた町。しかし、三井・三池炭鉱が閉山してからは、人は減り、全盛時には40軒以上あった温泉旅館はいまや11軒。町からは活気が失われた。「この町に再び元気を」そう意気込む男性がいた。温泉旅館「竹水苑」の草村幸寛専務(43)。「これ以上、温泉旅館を減らしたくはない。新幹線停車をきっかけに町を再生したい」。「新幹線開通は100年に1度のチャンスなんです」町の再生のため草村さんが目につけたのが、玉名市で多く採ることができる「薬草」だった。草村さんは、新幹線開業に合わせた薬草を使った旅館料理の開発に勤しむ。そうした中、市や地元の人々も草村さんに協力。新幹線開通を機に町が「薬草」で一致団結し始めた。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 岩代太郎
曲名 Transa crossing
アルバム 12VOX

本編43秒
去年12月。東京から新青森まで、全線開業した東北新幹線。
その影響をうけ、乗客が倍増した津軽鉄道の名物「ストーブ列車」を紹介するシーン。
ここで使用している曲は、岩代太郎のTransa crossing。
2001年に発売されたアルバム、「12VOX」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。