日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週金曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2011726 放送 第476

"神の手"を持つ男たち~世界を救え!ニッポン医療最前線~

自らが編み出した独自の医療技術を惜しみなく提供し、世界の患者を救おうと奔走している人々を追う。今も、原発事故の影響で放射能汚染に苦しむチェルノブイリ。当時被曝したため、甲状腺がんを発症した患者が多い。この放射能汚染地域で、一人の日本人医師が医療支援活動に密着。独自の内視鏡手術で、「甲状腺がん」で苦しむ人々を救ってきた。この手術は、手術痕が殆ど残らない画期的なもの。今後、継続的にチェルノブイリの人々を救うためには技術伝承、設備の充実など多くの課題が横たわっていた。一方、医療機器では内視鏡に付ける、オーダーメードの超極小「ハサミ」を、世界で唯一作れる、ある中小企業を取材。職人の細やかな手作りで完成する医療器具作りの世界にカメラが入った。この極小「ハサミ」、患者の腫瘍の形状に合わせて作られていて、開腹手術を強いることなく腫瘍を切除できる。そこに、東北地方の病院からオーダーが入った。手術を待っているのは、病院が被災し「がん難民」になっていた被災者。手術が成功するよう、専用のハサミ作りが始まった。チェルノブイリから、東北の被災地まで。絶望の淵にある患者たちに「神の手」を持つ男たちは、希望の光を与えることができるのか?ニッポン医療の底力を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

"神の手"を持つ名医、なぜチェルノブイリで...?

1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故が起きた。現場では、様々なガンで数万人の住民が亡くなっている。とくに女性が多く発症する甲状腺ガンは、放射線による影響が最も指摘されている。さらに最近、被爆した20代前後の女性たちの間で急増、新たな社会問題となっている。日本医科大の外科医・清水一雄(62歳)教授。12年前からチェルノブイリに通っている。1998年、清水教授は世界で初めて内視鏡を使った甲状腺ガンの手術に成功。内視鏡を使うため手術痕が小さく、完治も早いという利点があった。そして翌99年に清水は、単身チェルノブイリへボランティアとして渡った。事故から13年、そこで見たのは「20年遅れた医療技術では、ガン患者を診断することさえできない...」という現実だった。そこでこれまで現地にはなかった日本の最新検査システムを導入、ガンの早期発見・早期治療を実現するため、ロシア人医師たちの指導を始めた。そして「自分の開発した技術で若い女性たちを救いたい!」という思いで2009年からは、日本医科大の医学生たちを連れて、現地の病院で内視鏡手術を実施(日本製の機材を日本から持ち込む)。これまで一般的だったメスを使った手術は大きなキズが残ってしまう(現地ではそれを隠すためタートルネックの女性が多い)。内視鏡手術は、20代の女性たちにとってまさに夢のような技術であった。今後は現地でも内視鏡手術ができるよう、研修を進める予定だ。

世界の医師が注目...がん患者を救う、ニッポンの"極小技術"

長野県岡谷市、精密機械工場が集まるこの町に、全国の医師たちが詰めかける会社がある。リバー精工は、大手医療機器メーカーとは違ったアプローチでユニークな製品を作り出す会社。社長の西村幸(みゆき)(60歳)氏。元々、モノづくりの世界に身を置いていたわけではない。実は、法務省の官僚。地元・長野に戻った西村氏の目にとまったのが、家内制手工業で作られる医療器具の部品だった。人の為に頑張れるのはこの仕事だと思い、半年間弟子入りし技術の取得に没頭した。その後リバー精工を立ち上げ、数々の医療機器を開発していくこととなる。製品の特徴は、全国の大学病院の医師と、共同開発をしていくということ。通常、医療機器メーカーが開発から生産し、その器具を医師たちは使いこなそうと努力する。しかしリバー精工の場合は逆。あらかじめ医師たちから要望を聞き、共同で開発をする。例えば、医師の要望から、ナイフ型だったカテーテルの処置具を、自在に回転するハサミ型のものにした。これまでに比べ確実にガン細胞だけを除去することができ、手術時間を大幅に短縮させることに成功した。そんな折、西村は5年前に大腸や胃など5つのガンがあることが判明した。それ以来、自らもガン患者の身として、患者にとっても負担の少ない器具を作ることを目指している。リバー精工の医療機器は、最近では海外からも注目され始めている。世界中からその処置具を試してみたいというオファーが来ているのだ。そんな時起きた震災。日本製品の風評被害が世界で巻き起こり、興味を示していた中国側の輸入代理店からは、安全性を証明するよう求められた。日本の最先端医療を世界に広めていくために、西村氏はある作戦を考えていた。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト 羽毛田丈史
曲名 予感
アルバム 獣医ドリトル

本編21分57秒。
25年前に事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所。事故当時、汚染地域の近くに住んでいたタチアナさんが、日本医科大学の清水一雄先生の「傷跡が残らない手術」を受け、翌日、無事手術を終えた事が分かるシーン。今回ここで使用している曲は、獣医ドリトルオリジナルサウンドトラックに収録されている、「予感」。作曲者は、羽毛田丈史。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。