日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2014325 放送 第608

若き職人の新たなる挑戦!

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

寂れる一方のニッポンの伝統工芸。そんな中、過去のしがらみにとらわれない若手職人の力が新たな境地を拓こうとしている。百貨店と組んで、若い世代にも受ける新たな製品を生み出そうとする職人たち、さらに家業を継いだ若旦那たちがチームを組んで世界を攻める動きなど、これまでにないやり方で挑む彼らたちの姿を通して、ニッポンの伝統産業の生きる道を探る。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

若手職人が作る雑貨が百貨店を変える...

全国に点在する伝統工芸品の産地。経済産業省が指定するだけでも218ある。そのものづくりに注目しているのが百貨店「そごう・西武」。若い層を中心に百貨店離れが進むが、そんな中でも人気の雑貨で活路を見出そうとしている。そこで全国の伝統工芸の職人たちに、デザイン性や機能性、オリジナリティにあふれる"伝統工芸の技術を活かした雑貨"を開発してもらい、新たな客層をつかもうと考えた。さっそくデザイナーと全国行脚する西武百貨店のバイヤーたち。タッグを組む条件は、若い感性とチャレンジ精神に富む若手職人がいるということだ。基本的には保守的な伝統産業。当初は反発も強かったというが、ここにきてようやく賛同する工房が現れ始めた。中には有田焼や若狭塗といった有名な産地の工房も...。若い層に受けるためにはデザイン性もさることながら、手ごろな価格も必要だ。百貨店と若手デザイナー、若手職人が一緒になったものづくりはどんな逸品を生み出したのだろうか?

京都の若旦那衆 世界を驚かす!

伝統工芸が集積する京都。しかし、時代とともに寂れゆく一方...。そんな中、それぞれ100年以上の歴史を持つ西陣織、茶筒、陶芸など6つの工房の後継者たちがチーム「GO ON」を立ち上げた。メンバーの大半が30代の若者たちだ。呼びかけ人は西陣織「細尾」の細尾真孝さん。本業は着物の帯だが、家具やインテリアに使われる生地をベテラン職人とともに開発し、今や世界中のブランドやVIPから注文が入るまでになった。この経験を同じ世代の若手職人たちにも伝え、ともに世界を攻めようというのが「GOON」の目的。かつて一緒に仕事をしたデンマークのデザイナーをチームにも紹介し、統一感のあるものづくりで世界を狙う。 そこへ新たに加わったのが、京都・宇治で400年の歴史をもつ窯元「朝日焼」の16代目松林佑典さん。茶器を作りつづけてきたが、新たに何か仕掛けないとこの先ダメになると参加を決意したという。さっそくデンマークのデザイナーから新しい製品のデザインが届いた。それは今までに考えもつかなかったティーポット。さっそくベテラン職人と未知のものづくりに挑む松林さん。そしてチームの面々もそれぞれのモノづくりに取り掛かっていた。 そのチーム力を発揮する舞台がニューヨーク。展示会などではなく、常設のギャラリーを設けて、そこで新作を発表しようというのだ。3月、チームがNYに上陸した。果たして彼らの新たなものづくりは世界への扉を開けたのだろうか・・・。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト Thomas Newman
曲名 Crow
アルバム キルトに綴る愛

本編27分56秒。
京都府宇治市、江戸の始めから続く朝日焼の16代目の松林佑典さん。
家業を継いだものの、ここ数年、陶器市場の縮小により売り上げが減少し危機感を持っていた。
そんな中、現状を打開すべく活動の場を日本だけでなく海外へと挑戦しようとしている。

このシーンで使用している曲は「Crow」 アメリカを代表する映画音楽作曲家、トーマス・ニューマンによる サウンドトラック「キルトに綴る愛」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

キーワードで読む ガイアの夜明け

番組テーマに関連したキーワードについて多角的に解説し、番組への理解をより一層深めます。

日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳細はこちら

  • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿

ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

ご注意下さい

最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。