日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2014114 放送 第639

ニッポンの"宝の山"を活かす!

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

日本は国土の約7割を森林が占める森林大国。林業は、戦後復興期に木材の需要が急増し、活況を呈した。その後、伐採された山林には人工林が新たに植樹されていく。しかし昭和30年代以降、国産材は低価格の輸入木材に押され、本来なら大量の人工林が切り時を迎えた現在も、8割を輸入に頼るという〝いびつ〟な状態が続いてきた。そして今、円安に加え高品質の日本の木材が見直され、中国・韓国・台湾などアジアでの需要が上昇。輸出は去年の2.4倍に上るという、新しい時代に突入している。ニッポン林業は復活を遂げるのか...その価値を再発見する新しい動きが始まった。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

百年先を見据える!新たな林業に若者も続々参加

林業の共通の悩みは、「木を切って丸太のまま売っても安い外国材との競争に勝てず、切れば切るほどコストがかかり赤字」ということ。この状況から脱皮を図る、地方の山間部の村がある。  人口約1500人の岡山県西粟倉村。この地で林業を中心とした小さな地域経済「百年の森林構想」を立ち上げた1人が代表の牧大介さんだ。
 具体的には、「村役場」が「山主」の所有する森林を委託管理。それを「森林組合」が間伐・搬出。切った丸太を株式会社「西粟倉・森の学校」が床材などの商品に加工する。つまり「4者」が連携し、村内の木材に付加価値を付けながら、森林を再生していくという。
するとこの新しい取り組みが評価され、大手企業のオフィスが「森の学校」の床材を採用するなど、西粟倉村の商品は都会での需要が急増。また、可能性を感じた若者も続々と西粟倉村に集まり、家具など木工品製作の若手ベンチャーが次々に西粟倉村で起業し始めた。今や、この山奥の村には、全国から視察が相次ぐまで注目されている。
しかし、意外な課題が持ち上がって来た。皮肉にも地元の木材が足りないのだという。牧さんや村役場による新たな動きが始まった。

東京の木で東京に家を建てる!

東京都の総面積の4割は実は森林。1960年ごろまでは、東京の家の多くは、いわゆる〝多摩産材〟によって作られていた。しかし、安価な外国材に価格競争で敗れ、戦後植えられた木々が切り頃を迎えているにも関わらず、森の大半は荒れ放題になっている。
 「東京の森は〝宝の山〟。巨大な住宅市場も直ぐ隣に控えている。」...こう訴えるのが、東京あきる野市の沖倉製材所沖倉喜彦社長。考えたのが、「東京の木で家を建てよう」というコンセプトだ。自社独自の基準で乾燥させ製材、更にそれを数値化して品質と強度を〝見える化〟する...これを売りに、「TOKYO WOOD」というブランドを立ち上げた。
この「TOKYO WOOD」を使って家を建てようと言うのが東京小金井市の小嶋工務店。6年前まで外国材を使って価格競争にはまり、経営危機に陥る。しかしその後、多摩産材にこだわった家造りで経営を持ち直し、今は「TOKYO WOOD」を使った住宅建設で工務店の再起をかけている。
モデルハウスの見学者のほとんどは、「東京の木で家を建てる」ことなど考えたこともなかったという。彼らの挑戦は成功するか。

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト morgan fisher
曲名 design for tomorrow
アルバム NON MON

本編1分01秒。

日本国内で売り先がなく余っている国産の木材。

しかし、海外ではその高い品質が評価され、需要が増え始めている。



このシーンで流れているのは「design for tomorrow」

イギリス出身のキーボード奏者および作曲家のmorgan fisherによるアルバム「NON MON」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

テレ東プラス

放送内容の記事を公開中

    • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
    • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
    • 日経スペシャル カンブリア宮殿

    ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

    ご注意下さい

    最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
    「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
    不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。