次回予告

2019年1月26日

美容難民を救いたい
社会起業家「小池由貴子さん」

美容師としてキャリアを積んでいた28歳の時に、右ひざに骨の希少がんが見つかる。手術は成功したものの、足に体重をかけることが出来ず車いすの生活に。ふさぎ込んでいた時に美容師の後輩が髪を切ってくれたことで、かつての自分を取り戻していく。必死の歩行訓練で歩けるようになり、仕事に復帰。その後は自分のような美容難民を助けたいと会社を立ち上げる…。

「生きる」を創る。Aflac