次回予告

2020年11月28日

ちょっとした笑いを大切に
会社員「塚原和也さん」

営業マンとして働いていた23歳の時、骨肉腫と診断される。闘病生活が始まると、たくさんの友人が病室に訪ねてくれた。しかし病室で1人になると、不安な気持ちが襲いかかる。そんな時に支えてくれたのが、友人たちが書いてくれたノートだった。そして今、あることを伝えたいと始めたこととは…。

「生きる」を創る。Aflac