バックナンバー

2021年

気負わず楽に生きる  管理人 「大友和紀さん」
2021年12月4日放送: 5年前に大腸がんと診断される。手術・抗がん剤と治療を受けることになるが、仕事への向き合い方も考えるように・・・。

指先を通して支える  ネイリスト 「有本奈緒美さん」
2021年11月27日放送: 31歳の時、HTLV-1関連脊髄症が判明し車椅子の生活に。気分転換に訪れたネイルサロンでの出来事が一歩を踏み出すきっかけに・・・。

動くことで人生も変わる  会社員 「佐野義尚さん」
2021年11月20日放送: 20歳の時、非セミノーマ精巣がんが発覚。治療後、自分に自信をなくし嫌気がさした時、バイクで日本一周の旅にでることを決意する・・・。

ありのままの自分で  シンガーソングライター 「大川ちさとさん」
2021年11月13日放送: 小学3年生で白血病と診断され、治療を受けながらなんとか高校まで進学する。しかし治療の後遺症である脳梗塞が原因で新たな問題が・・・。

生きた証を描き出す  漫画家 「寺田浩晃さん」
2021年11月6日放送: 2年前、難病の好酸球性胃腸炎と診断される。夢や希望が奪われた感覚になり心を閉ざすように。しかし、ふとした時に自分にしかない強みを考え始め・・・。

花の存在が力をくれた  フラワーデザイナー 「柏木ひとみさん」
2021年10月30日放送: 2年前に乳がんと診断される。辛い治療を乗り越えるが、今年になって再発。仲間の言葉で忘れかけていた花への思いが蘇る・・・。

車椅子の偏見をなくしたい  大学生 「木下春菜さん」
2021年10月23日放送: 13歳の時、難病の重症筋無力症と診断される。大好きな絵の世界に希望を見出すように。そして、自分の世界を広げるために決断したこととは・・・。

優しさが前に進む力に  プロサッカー選手 「早川史哉さん」
2021年10月16日放送: サッカー選手になってわずか2ヶ月後、急性リンパ性白血病を発症する。苦しい闘病を支えたのは、ある少女の優しさだった・・・。

新たな世界観を極める  和菓子職人 「石川未紗さん」
2021年10月9日放送: 大学に在学中、難病の成人スチル病を発症して入院する。1年遅れで卒業して就職するが、体調を崩して退職。途方に暮れていたとき、父から思いがけない提案が・・・。

自分らしい道を歩む  会社員 「鳥越勝さん」
2021年10月2日放送: 12歳で筋ジストロフィーと診断される。周りには病気を隠して生きることを決意。しかし自分の生き方に疑問を抱くように・・・。

迷ったら一歩進んで  会社員 「吉田やよいさん」
2021年9月25日放送: ユーイング肉腫を発症して死の境を彷徨う。闘病を乗り切るが一つだけ諦めたことが。ところがある人との出会いでそれが実現することに…。

病気をきっかけに気づいた優しさ  ラッパー 「輪入道さん」
2021年9月18日放送: 音楽活動が軌道に乗っていた6年前、左耳に異変が起きる。人の声が聞き取りづらくなり悩む日々。その思いを仲間に打ち明けたことで気づいた大事なこととは…。

左手に思いを込め奏でる  ピアニスト 「瀬川泰代さん」
2021年9月11日放送: 高校3年生の頃局所性ジストニアと診断される。そんな中で“選んだ道”とはいったい…。

今の道を誠実に  柔道整復師 「鈴木誠さん」
2021年9月4日放送: 14歳で急性リンパ性白血病に。17歳で再発すると治療を拒否し病院を抜け出す。しかしある人に救われて目標に向かって進み始める…。

誰もが自由な選択をできる社会に  タレント 「星南さん」
2021年8月28日放送: 大学1年の頃、1型糖尿病と診断される。生きづらさを感じて海外留学すると人生を変える出会いが・・・。

物作りは病気と闘う武器  クリエーター 「ノリタカさん」
2021年8月21日放送: 大学生の時に潰瘍性大腸炎で大腸を全摘出する。未来を描けずにいたが、担当の看護師に相談すると・・・。

病院の中に心休まる場所を  臨床心理士 「山谷佳子さん」
2021年8月14日放送: 29歳の時、希少がんがみつかり前を向けずにいた。しかし同じがんサバイバーとの交流で気持ちに変化が・・・。

がんが教えてくれた大切なこと  会社員 「山本翔太さん」
2021年8月7日放送: 27歳で希少がんの腺様嚢胞がんと診断される。病気の辛さや困難は当事者にしか理解できないと心を閉ざすが・・・。

自分らしく輝ける場所  タレント/和太鼓奏者 「富田安紀子さん」
2021年7月31日放送: 小学2年の頃、ぶどう膜炎と白内障を併発。視力が低下する中で、和太鼓の演奏が支えに。ところが左目は失明し、ある決断を下す…。

誰もが太陽の下で楽しめる世界を  HAYATO KURATA社長 「倉田速音さん」
2021年7月24日放送: 小学校5年生の頃、尋常性白斑を発症し、見た目が理由でいじめられることも。しかし、病気をヒントに起業を決意する…。

苦難の中にこそ“生きがい”が  アロマセラピスト 「佐藤真夕さん」
2021年7月17日放送: 17歳の頃、急性骨髄性白血病と診断される。夢を失いうつ状態にまで追い込まれる中で見つけた新たな“生きがい”とは…。

悩んだ時間は自分と向き合う時間  アーティスト 「中川まりさん」
2021年7月10日放送: 先天性二分脊椎症で障がいを受け入れることの出来ない自分にもどかしさを感じていた。それでも、あることを続けたことで人生が大きく変わる…。

諦めなければ夢は叶う  美容師 「HIROさん」
2021年7月3日放送: 9歳のときに右足に骨肉腫が見つかり足を切断。その際に将来の夢が見つかる。しかし周りからは無理だと反対され・・・。

リハビリを楽しい時間に  専門学校生 「三笠晴香さん」
2021年6月26日放送: 高校2年生のときに希少がんの滑膜肉腫と診断される。抗がん剤治療を始めると心身ともに追い詰められていく。“リハビリの力”によって救われることに…。

とことん挑戦する  作家 「堀内愛華さん」
2021年6月19日放送: 高校1年生のときに難病の高安動脈炎に。先の見えない不安に押し潰されそうになるが、あることを始めるとしそれが大きな転機に…。

人として広い視野を持って  (有)安井ファーム広報 「土田龍之介さん」
2021年6月12日放送: 20代で2度の精巣腫瘍を患う。その後、生きた爪痕を残すためにがむしゃらに働く。そんな様子を見た妻から意外な提案が…。

サッカーができる体作りを  元プロサッカー選手 「佐藤寿人さん」
2021年6月5日放送: 日本代表にも選出されたエースストライカー。実はプロ3年目の頃にギラン・バレー症候群を患っていた。一時は選手として限界を感じたこともあったが…。

“前へと進む一歩”を支える  encyclo社長 「水田悠子さん」
2021年5月29日放送: 子宮頸がんの手術後、リンパ浮腫という後遺症にも悩まされる。その治療の為に履く弾性ストッキングの開発に乗り出すことに・・・。

苦悩の日々も“芝居の糧”に  女優 「手島実優さん」
2021年5月22日放送: 特発性脊椎側弯症で手術を受けるが後遺症で右足は麻痺状態に。女優の夢を諦めかけた時、再び奮い立たせてくれたものとは・・・。

希望を与える存在に  パーソナルトレーナー 「笹原功貴さん」
2021年5月15日放送: 2年前、悪性の脳腫瘍と診断される。病院で自分よりもはるかに重い病気と闘う人たちと出会い、気持ちをふるいたたせ病に立ち向かう・・・。

義足は自分にしかない“個性”  義足モデル 「海音さん」
2021年5月8日放送: 12歳の頃、難病の多発血管炎性肉芽腫症を発症。右足が壊死し、切断して義足を装着することに。その後、あるカメラマンとの出会いで人生が大きく変わる・・・。

世界で勝負する  ゴールボール日本代表 「佐野優人さん」
2021年5月1日放送: 中学生のときに難病のレーベル遺伝性視神経症と診断される。大好きな野球ができなくなり自暴自棄に。そこから救ってくれた医師の言葉とは・・・。

ここに仲間がいる  Pink Ring東北 代表 「菅原祐美さん」
2021年4月24日放送: 29歳で乳がんと診断される。抗がん剤治療による脱毛の恐怖や、治療後の職場復帰など様々な不安から救ってくれたのは・・・。

ピザで笑顔を  ピッツェリアオーナー 「大坂大貴さん」
2021年4月17日放送: 修行ののち、登別温泉に念願のピッテッェリアをオープン。ところが昨年9月、肺動脈を圧迫する大きながんが見つかる。スタッフに病気のことを伝えると・・・。

好きな事を貫いて生きる  元自衛官タレント 「かざりさん」
2021年4月10日放送: 陸上自衛官をしていたが、大腿骨頭壊死症に。手術を受けるが、以前のようには体を動かせず退職。そんな時、自分の個性を生かして新たな挑戦を始めることに・・・。

周囲の支えに感謝を  プロサッカー選手 「畑尾大翔さん」
2021年4月3日放送: 大学3年生の時、慢性肺血栓塞栓症を発症する。進んでいたJリーグ入団の話も白紙に。しかし父親のある言葉で再び前に進むことに・・・。

子どもたちに希望を…  絵本作家 「エイキミナコさん」
2021年3月27日放送: 13歳の時、小児がんと診断される。「死ぬかもしれない」という恐怖の中、生きる希望をくれたある男の子の一言とは・・・。

2人分の人生を歩む  大学生 「安坂優汰さん」
2021年3月20日放送: 中学1年生の頃、難病の原発性硬化性胆管炎と診断された。助かる道は移植のみと告げられる。自らの経験から、ある目標に向かい進み始めることに・・・。

体が辛くても笑顔で  タレント 「塚本明里さん」
2021年3月13日放送: 線維筋痛症と筋痛性脳脊髄炎を患い、1日に30分しか起き上がることができない。そんな中、大きな希望へとつながった挑戦とは・・・。

感謝を歌にのせて  X +(えくすと) 「日高慎二さん」
2021年3月6日放送: 大学2年の時、左精巣腫瘍など一度に3つの腫瘍が見つかる。その後、思いもよらない人生が待っていた・・・。

伴走者のような存在に  管理栄養士 「島村清子さん」
2021年2月27日放送: 26歳で急性前骨髄球性白血病と診断を受ける。闘病生活で、心身共に限界を迎えるが、再び生きることに向かい合えた訳とは…。

生きるって面白い  歌手・俳優 「間瀬翔太さん」
2021年2月20日放送: 一昨年、脳動静脈奇形という10万人に1人の病に。手術をしても様々な不安が残る状況で、前を向く力をくれたものとはいったい…。

活躍して勇気を与えたい  プロゴルファー 「菅沼菜々さん」
2021年2月13日放送: プロゴルファーを目指していた16歳の時、広場恐怖症に襲われる。一度は諦めた夢を掴めたきっかけとは…。

自分にとってのイチバン  縁筆書家 「曽山尚幸さん」
2021年2月6日放送: 悪性リンパ腫を発症し、骨髄移植で一命を取り留めた。目に見えない命の「縁」を強く感じ、海外へ移住することを決意する…。

誰かの痛みを受け止める  鍼灸師 「赤星未有希さん」
2021年1月30日放送: 鍼灸師を目指していた27歳の時、大腸がんに。抗がん剤治療の副作用が重くなり、自ら鍼灸治療を受けてみると・・・。

とことん自分と向き合う  車椅子テニス選手 「三木拓也さん」
2021年1月23日放送: テニス明け暮れていた高校3年生の時に骨肉腫に。もうテニスをすることができないと悲しみに暮れる。しかし主治医が見せてくれたある映像が人生を変えることに・・・。

出会いに救われて  大学講師 「奈良里紗さん」
2021年1月16日放送: オーディトリー・ニューロパシーという聴覚神経の異常で視力まで失われる難病に。困難にぶつかってもその都度出会った人たちの言葉に救われる・・・。

自分だけの音色を奏でる  トロンボーン奏者 「牧洋太郎さん」
2021年1月9日放送: トロンボーン奏者として、演奏活動で忙しい日々をすごしていたが多発性硬化症に。演奏中にも症状が現れるようになり不安な気持ちになることも。そんな時、自分の演奏を振り返ってみると・・・。

夢を追い続ける人生に  プロレスラー 「向後桃さん」
2021年1月2日放送: 2016年にバセドウ病が発覚。体調もすぐれず状況に精神的にも追い詰められてゆく。そんな時、たまたま観たテレビ番組がその後の人生を大きく変える・・・。