バックナンバー

2019年

チャレンジは何度でも  鎌倉インターナショナルFC監督 「宇留野純さん」
2019年10月12日放送: 25歳で精巣がんがみつかるが、治療後に夢だったJリーガーに。引退後、新米監督として描く新たな夢とは…。

行動は夢への第一歩  団体職員 「宮平夢乃さん」
2019年10月5日放送: 専門学校生だった21歳の時、難病のもやもや病に。4度の開頭手術を乗り越え、思い切って就職活動を始めるが…。

世界一をとって 子供たちにチャンスを!  デフフットサル日本代表 ゴレイロ(GK) 「千葉駿介さん」
2019年9月28日放送: サッカー選手になる夢を抱いていたが、6歳の頃に発症した感音性という不治の難聴で諦める。そんな時、再び希望の光が…。

私らしく輝き続ける  TOKIMEKU JAPAN社長 「塩崎良子さん」
2019年9月21日放送: 乳がん経験を活かしてギフトボックスを販売。その後、病院内に出店することにチャンスが。そこで気づいた新たなニーズとは…。

壁の向こうに未来がある  絵描き 「chicaさん」
2019年9月14日放送: 絵描きとして活動していたが、難病のリンパ脈管筋腫症と診断され活動を休止。しかし父との別れを機に、再び描くことに…。

人の記憶に残る自分を  人材紹介コンサルタント 「金澤雄太さん」
2019年9月7日放送: 優秀な営業成績を収めていたが、虫垂がんが発覚。救いとなったのは同僚の言葉だった。そして退院後、仕事への考え方が一変することに…

食べ物のありがたさを伝えたい  コークッキングCOO 「篠田沙織さん」
2019年8月31日放送: 小学2年生の時、白血病で1年間の入院生活を送る。過酷な食事制限がきっかけで、その後ある行動に…。

命をかけた一手  将棋プロ棋士 「佐々木大地さん」
2019年8月24日放送: 小学生で拡張型心筋症と診断される。治療による激しい頭痛や吐き気に苦しむ日々を乗り越えられた理由とは…。

これからも進化し続ける  車いすバスケプレイヤー 「三元大輔さん」
2019年8月17日放送: ユーイング肉腫というがんの後遺症で車椅子の生活に。その後、人生を変える大きなチャンスがおとずれる…。

杖は最高の相棒  ネオ紙芝居師 「神前はるかさん」
2019年8月10日放送: 21歳で変形性股関節症と診断され、杖を使う生活に。大きな壁を乗り越えて辿り着いた生きがいとは…。

可能性は無限大  脳卒中認定理学療法士/脳卒中フェスティバル代表 「小林純也さん」
2019年8月3日放送: 23歳の時に脳梗塞を発症し、右半身に障がいが残る。それは「負い目」ではなく「強み」に…。

病気でもクリエイティブに楽しく  ネイリスト 「伊月布美さん」
2019年7月27日放送: 中学2年生で、難病のクローン病を発症。人生の理不尽を感じながらも、好きなことに救われる…。

不可能なんてない  三菱重工相模原ダイナボアーズ 「田中伸弥さん」
2019年7月20日放送: トップリーグへの入団直前の大学4年生のとき、胚細胞腫瘍に。崖っぷちから這い上がったときに奇跡が起きる…。

私だからできること  タレント・声優 「矢方美紀さん」
2019年7月13日放送: SKE48を卒業した翌年、乳がんが発覚。どん底から救ってくれた、同じ乳がん患者の言葉とは…。

見えなくても音でつながる  ロックピアニスト 「香介さん」
2019年7月6日放送: 小学校低学年で緑内障により失明。ある曲との出会いで、人生が大きく変わる…。

現実を受け入れ楽しく生きる  薬学部5年生 「高田智子さん」
2019年6月29日放送: 中学3年生のときに難病のベーチェット病と診断される。強い薬の副作用には死の文字が。恐怖のどん底から救ってくれたものとは…。

挑戦を繰り返せば人生は豊かになる  格闘家 「高須将大さん」
2019年6月22日放送: 格闘家としてデビューするが、肝臓がんと診断される。摘出手術を受けたもののすぐに再発。リング復帰への支えとなったものとはいったい…。

大きな愛を次の人へ  フリーライター 「もろずみはるかさん」
2019年6月15日放送: IgA腎症を発症し、36歳のとき末期の腎不全に。臓器の提供者となることを申し出たのは最愛の夫だった。夫の真意を知ろうと、思い切った行動に出る…。

夢を諦めないで  ブライダルサロン結寿 代表 「栗木大輔さん」
2019年6月8日放送: 26歳のある日、脳出血で倒れる。辛いリハビリを乗り越え、歩けるまでに。それでも一つだけ諦めていたことがあった…。

仲間とともに闘う  会社員 「吉川愛さん」
2019年6月1日放送: 待望の第一子を出産する直前に乳がんが発覚。更に、思いもよらない壁が立ちはだかる。この経験から、社会に復帰して取り組んだこととは…。

ファッションの力を信じて  High-end運営者 「二宮一平さん」
2019年5月25日放送: 小学4年生のときに大腿骨頭部が壊死するペルテス病を発症。自身のない自分を変えたいと、考えついたこととは…。

プラス志向で困難を乗り越える  認定NPO法人オレンジティスタッフ 「小磯朋子さん」
2019年5月18日放送: 23歳の時に子宮頸がんに。どん底から抜け出したいと力を振り絞る…。

恩師の思いを胸に跳ぶ!  陸上選手 「中野瞳さん」
2019年5月11日放送: 高校時代、走幅跳で日本一に。しかしその後、難病の潰瘍性大腸炎と判明する。救ってくれたのは亡くなった恩師のある言葉だった…。

世界から元気を届ける  HAND RING PROJECT代表 「野口尚利さん」
2019年5月4日放送: 17歳の時に激しい頭痛で脳腫瘍と診断される。担当医のある行動で前を向く…。

希望と未来を求めて  オリィ研究所 在宅秘書 「村田望さん」
2019年4月27日放送: 大学3年生の時、足に力が入りづらくなり検査を受けて、7年後に自己貪食空胞性ミオパチーという難病と判明。どうしても働きたいと、思い切った行動に出る…。

夢中になれる何かを見つけて  車いすバスケプレーヤー 「西村元樹さん」
2019年4月20日放送: 大学の健康診断で白血病が見つかる。投薬治療の副作用で右の股関節が壊死し、障がいを持つことに。その後車いすバスケと出会い、驚きの練習法で技術を磨く…。

人とのつながりは生きてきた証  会社員 「岩崎恵介さん」
2019年4月13日放送: 34歳の時、難病の脊髄小脳変性症と診断される。病気を理由に婚約者は去り、仕事も解雇された。絶望と孤独でどん底の日々が続いたが、一筋の光が見えてくる…。

母でも1つの命  ヨガインストラクター 「高橋絵麻さん」
2019年4月6日放送: 34歳で次女を出産後、血乳が出始める。3ヶ月後に乳がんと診断され、精神的に大きなダメージを受ける。しかし、ある方法で周囲に病を告白することに…。

可能性を信じて突き進む  パラスイマー 「小山恭輔さん」
2019年3月30日放送: 中学2年生の時に脳梗塞を発症。右半身に障害が残るが水泳で活躍する。その後大きな壁にぶつかるが、諦めずに続けられた訳とは…。

チャンスにかけて最大限の努力を  主婦 「奥中咲江さん」
2019年3月23日放送: 中学校の教師だった25歳の時に慢性活動性EBウイルス感染症に。骨髄移植、心臓の手術を乗り越える。教師への復帰を目指す今、子どもたちに伝えたいこととは…。

故郷への思いが生きる力に  ほっと平山 施設長 「門田隆稔さん」
2019年3月16日放送: 24歳で脳腫瘍が発覚。手術は成功するが、4年前に再発。悩んだ末に病気であることを周囲に知らせると…。

楽しさを共有したい  あめ細工職人 「込田匡美さん」
2019年3月9日放送: 働きながらあめ細工を習い始める。しかし28歳の時に子宮頸がんが発覚。命の危機に直面したときに選んだ生き方とは…。

苦しんでいるのは自分だけじゃない  NPO法人 両育わーるど代表 「重光喬之さん」
2019年3月2日放送: 会社員だった25歳の時に脳脊髄液減少症と診断される。痛みで思うように動くことも考えることも出来ず、会社を退職。しかしある出会いを機に、大きな一歩を踏み出す…。

夢に向かって走り続ける  アスリート 「鹿沼由理恵さん」
2019年2月23日放送: リオパラリンピックの自転車競技で銀メダルを獲得。しかしその後、左腕の機能を失い切断することに。それでも東京パラリンピックを目指して新たな挑戦を続ける…。

人生は自分次第  フリーライター 「杉内壮也さん」
2019年2月16日放送: 23歳のときに精巣がんが発覚。治療のため入院するが、孤独な日々に寂しさが募る。しかし、病院内でみつけたささやかな楽しみに救われることに…。

ピンチを切り替え道を拓く  ヤクルト球団広報 「徳山武陽さん」
2019年2月9日放送: 投手として活躍していたが、難病の黄色靭帯骨化症に。術後も球速は100パーセント戻らず、戦力外通告を受ける。ところが引退を決断した際、球団から思いがけない提案が…。

新たな自分との出会い  歌手 「大月絢美さん」
2019年2月2日放送: 26歳で歌手デビューを果たすが、33歳の時に乳がんに。右乳房切除など大きな喪失感から救ってくれた夫の言葉とはいったい…。

美容難民を救いたい  社会起業家 「小池由貴子さん」
2019年1月26日放送: 美容師としてキャリアを積んでいた28歳の時に、右ひざに骨の希少がんが見つかる。復職後は自分のような美容難民を助けたいと会社を立ち上げる…。

今を生きることを伝えたい  ピザ職人 「河内佑介さん」
2019年1月19日放送: ワーキングホリデーでオーストラリア滞在中に急性リンパ性白血病に。闘病生活を乗り切った時、芽生えたある決意とはいったい…。

私の居場所は私が作る  焼き菓子職人 「山本真梨さん」
2019年1月12日放送: 幼い頃から夢だったケーキ職人を目指していたが、21歳の時に難病のベーチェット病に。大好きなお菓子も食べられなくなり、出した答えとは…。

自分流で挑戦し続ける  プロゴルファー 「重永亜斗夢さん」
2019年1月5日放送: 25歳の時にツアー途中で体調が悪化。検査の結果は完治が難しい潰瘍性大腸炎だった。病と向き合い、見出した自分流の練習スタイルとは…。