新着ニュース

濱田尚理が柔道グランドスラム東京初優勝!得意の寝技で一本勝ち

2017.12.3
柔道グランドスラム東京2017 - 濱田尚理が柔道グランドスラム東京初優勝!得意の寝技で一本勝ち

 東京体育館で行われている柔道の国際大会、グランドスラム東京2017。3日に実施された女子78kg級の濱田尚理(自衛隊体育学校)が、大会初優勝を果たした。

 

 講道館杯優勝で勢いに乗る濱田尚理(自衛隊体育学校)は、1回戦でマイヤーソン(イスラエル)、2回戦でパウエル(イギリス)、準々決勝でアポテカー(スロベニア)に勝利。準決勝ではチュメオ(フランス)に崩上四方固で一本を獲得し、決勝進出を決めた。

 

 決勝では、準決勝で梅木真美(ALSOK)を破ったスティーンフィス(オランダ)と対戦。3分が経過した後、送足払で技あり、そのまま送襟絞で一本勝ちを決め、大会初優勝を飾った。

 

 試合を終え、濱田は「決め技は狙っていたのではなく、たまたま入った感じです」としつつも、得意だという寝技については「高校生くらいの頃に練習を始めたのですが、その成果が出ました。寝技は立ち技に比べて習得するのが早いと思うので、そこが好きなところです」とコメント。「昨年はこの大会に出ることができなかったので、今年は出場して優勝することができてよかったです」と喜びを明かした。

 

 昨年の柔道グランドスラム覇者の佐藤瑠香(コマツ)は準々決勝で敗れるも、敗者復活戦で勝ち、梅木との3位決定戦へ。残り時間わずかのところで、佐藤が小外刈を繰り出し、見事に一本勝ちを収めた。また、和田梨乃子(大成高校)は、1回戦でバビンツェワ(ロシア)に勝利するも、2回戦でスティーンフィスに敗れた。

 

Photo:Itaru Chiba

ニュース一覧