新着ニュース

金2つ!柔道グランドスラム東京2日目、男子は波乱の展開も90kg級と100kg超級が善戦

2017.12.3
柔道グランドスラム東京2017 - 金2つ!柔道グランドスラム東京2日目、男子は波乱の展開も90kg級と100kg超級が善戦

 東京体育館で行われている「柔道グランドスラム東京2017」の2日目。男子90kg級と男子100kg超級で日本勢が金メダルを獲得した。

 

 出場した4人共が準決勝にも敗者復活戦にも進めなかった男子81kg級。また、男子100kg級も全員が準決勝に進むことができず、注目選手だった飯田健太郎(国士舘大学1年)も敗者復活戦で敗退。波乱の展開となった。

 

 そんな中、踏ん張りを見せたのが90kg級と100kg超級。90kg級では長澤憲大(パーク24)と小林悠輔(旭化成)の“同い年”対決が行われ、長澤が金に輝いた。また、同級の3位決定戦では、向翔一郎(日本大学4年)が銅メダルを獲得。そして100kg超級では、小川雄勢(明治大学3年)が「柔道グランドスラム東京」初出場にして優勝。3位決定戦では、影浦心(東海大学3年)が銅メダルを獲得した。

 

Photo:Itaru Chiba

ニュース一覧