定例社長会見

2020年9月24日

石川社長9月定例会見

【10月改編】
最大の売りは、ドラマプレミア10『共演NG』(10月26日スタート・月・22:00~)です。新たなドラマ枠の第一弾として、秋元康さんとタッグを組んだ大型ドラマを放送します。中井貴一さんと鈴木京香さん実力派お二人の共演で「胸キュンの大人のラブコメ」として中身のある濃い作品になると期待しています。
社内横断プロジェクトチームのプロモーションとして、特に番組スタート前後2週間をバラエティーやスポーツ、報道番組などでテレビ東京全体の「売りのドラマ」として盛り上げます。各番組にゲスト出演をお願いするほか、「共演NG」をキーワードにした企画を考えています。また、テレビ東京ドラマ史上最大規模と銘打った「オンライン試写会」を最大1000名ご招待して、第1話先行試写を実施予定です。「禁断の5秒番宣動画」では、制作現場を舞台にした「共演NG」にちなんだ内容やテレビ業界の裏側が垣間見られる動画を地上波やSNSで公開しています。秋元さんにお考えいただいたものも含めて20パターン用意しています。10月のテレビ東京の目玉に、ぜひご期待ください。

日曜夕方に放送中の『モヤモヤさまぁ~ず2』が日曜21:00~に移行します。ゆっくりできる時間にのんびり『モヤさま』をご覧いただきたいという狙いです。『日曜ビッグバラエティ』と放送時間を入れ替え「日曜日の縦の流れを良くしたい」という狙いもあります。
また、看板番組の一つ水曜21:00~放送中の『家、ついて行ってイイですか?』を、2時間枠に拡大します。コロナ禍でも新しいものを工夫して皆さんにより楽しんでいただけると期待しています。

97年開始以来テレビ東京の看板アニメ『ポケットモンスター』は、10月9日から金曜18:55~ゴールデン帯に2年ぶりに進出します。ゴールデン帯でのアニメ番組は民放キー局で唯一となり、「アニメのテレビ東京」としてアニメ重視の姿勢を一段と打ち出します。放送枠の引っ越しを記念して、ピカチュウがエグゼクティブゴールデン・プロデューサーに就任します。今後の展開にご期待ください。

【スポーツ】
『全仏オープンテニス2020』(9月27日開幕)を今年もテレビ東京は地上波独占放送します。本来なら5~6月にあった大会ですが、新型コロナの影響で延期されていました。錦織圭さんはじめ日本人選手のみなさんの活躍に期待しています。
『フィギュアスケート ジャパンオープン&カーニバルオンアイス』(10月3日・土・さいたまスーパーアリーナ)を例年通り主催します。今年は3地域対抗戦から日本人選手によるチーム対抗戦に形を変えて実施します。若手フィギュアスケート選手の演技を、コロナ渦でもリアルでもオンラインでも見たいというファンの方々のご期待に添うべく大会開催を決めました。『ジャパンオープン』を開催当日の3日・土曜16:00~、『カーニバルオンアイス』を翌4日・日曜16:00~に放送するほか、オンラインによる有料配信を予定しています。テレビ東京はハイブリッド型のイベントを開催していますが、今年はフィギュアスケートでも展開します。

【視聴率】
7月クール(20年6月29日~9月20日)は、世帯視聴率でGH6.7%(前年同期比+0.8P)、PT6.0%(同+0.6P)、全日2.9%(同∔0.4P)。HUTが7月クールも前年に比べ上昇していますが、テレビ東京の視聴率も上向きで推移しています。好調な番組は『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(世帯Av.9.4%)、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(世帯Av.8.9%)、『開運!なんでも鑑定団』(世帯Av.8.6%)です。いずれもテレビ東京らしい番組として完全に定着してくれたと思っています。
まだ海外ロケや観客を入れたスタジオ収録ができない状況が続いていますが、工夫しながら新しいもの、面白いものを視聴者の皆さんに届けるべく努力しています。

【営業】
他局と同様、厳しい状況が続いております。5月~6月が底になってくれることを期待しています。第1四半期(4-6月)の累計で、タイムが前年比-13.1%、スポットが同-29.1%、タイム+スポットの合計で同-18.8%でした。7月の実績は、タイムが前年比-11.4%、スポットが同-31.5%、タイム+スポットの合計で同-18.3%でした。予定していたゴルフトーナメントが中止になったことなどが影響しました。「隅田川花火大会」は中止でしたが、特別編として放送したところ視聴者の反応も良く、来年につなげたいと考えています。

Q:『共演NG』の全社横断のプロモーションチームやキャスティングについて。
A:(石川社長)一つの番組で全社的なプロジェクトというのは初めてだと思います。編成は編成、制作は制作、営業は営業という時代ではないので、一つのコンテンツに社をあげて新しいことをやって成果をあげていきたい。
(髙野局長)これまでのテレビ東京では、難しいキャスティングだったと思います。企画・原作の秋元康さんのお力を借りながら、プロデューサーが日々説得を続け、脚本を説明し、理解を得られたと聞いています。

Q:他局でアニメ事業強化の報道がありました。アニメコンテンツ確保の動きが激化すると思いますが、見解を。
A:(石川社長)私たちは強みを持っていますので、意地をみせたいと思います。
(川崎取締役)アニメにはいろいろな作品やビジネスモデルがあります。アニメ業界全体のパイが小さくならなければ、各社が参入するイコール競争が激しくなるとは思っていません。テレビ東京はビジネスも含めた特徴、特色を生かしたいと思います。

Q:『ポケットモンスター』の社長の期待と放送枠について。
A:(石川社長)アニメのマーケットが広くなり、改めてポケモンを再認識していただければありがたいと思っています。
(川崎取締役)日曜日も今のままアニメ枠がありますし、各番組に合った見やすい枠をいつも探して提供したいとの思いがあります。

Q:新型コロナ感染症対策のこれまで半年間と今後の見通しは。
A:(石川社長)早い時期から慎重な対応を取ってきました。現在の在宅勤務3割強、4割の状況をこれからも続けていきたい。在宅勤務の効率化、生産性をどう上げたらいいのかデジタル活用も含めて、できることからどんどん実行に移しています。
冬の最悪のケースを想定した事業継続対策として、出社率20%程度で事業継続に即応できるよう、今から準備をはじめています。ただ、番組ロケについてはまだ完全に復活していませんので、現段階でできることを前倒しで実施する努力をしています。


【BSテレビ東京】
(田村社長)
【編成関連】
『THE名門校 日本全国すごい学校名鑑(1月5日放送)』が2020年日本民間放送連盟賞 番組部門<テレビエンターテインメント番組>の優秀賞を受賞しました。名門校の知られざる姿を紹介し「進学実績だけでなく、さまざまな角度で切り取り、今までと違う目でとらえることができる意欲的な番組」と評価をいただきました。4月からレギュラー番組として毎週日曜21時~放送中です。

【特番】
『徳光和夫の名曲にっぽん 3時間スペシャル』(10月2日・金19:00~)は、この日で8年目突入を記念したスペシャル。芸能生活65周年の小林旭さんと芸能生活55周年の五木ひろしさんのお二人が初共演し熱唱します。『武田鉄矢の昭和は輝いていた 放送300回記念スペシャル』(10月23日・金19:00~)は、放送開始以来おかげさまで300回を迎えたスペシャル。昭和時代にスポットを当て毎回一つのテーマをピックアップして、当時の映像を関係者とともに振り返る番組ですが、今回は中村メイコさん、西脇久夫さんをゲストに音楽を話題に紹介します。

Q:BS放送が12月で20周年を迎えます。特番やイベントの予定は。
A:(田村社長)開局20周年記念イヤーとして冠番組の一つは、3月から『日経スペシャルSDGsが変える未来~小谷真生子の地球大調査』(5回シリーズ)』を放送中です。25日には生放送します。また4月から『男はつらいよ』4Kバージョンをテレビ初放送中です。好評のドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』は、Season2をこの4月クールに放送しました。そのほか、開局20周年冠番組を選定中です。
事業では、22日に終了した「The UKIYO-E 2020 日本三大浮世絵コレクション」を東京都美術館で開催し、コロナ禍で入場制限がありましたが盛況でした。また、7月に開催予定だった「大地のハンター展」は、時期をずらして開催できるか最終判断を待っています。


<会見者>
テレビ東京 代表取締役社長 石川 一郎
BSテレビ東京 代表取締役社長 田村 明彦
テレビ東京 取締役 アニメ・ライツ本部長 川崎 由紀夫
テレビ東京 執行役員 総合編成局長 髙野 学

テレビ東京 専務取締役 加増 良弘
テレビ東京 広報局長 堀 靖彦
テレビ東京 広報局部長 湯本 尚

このページの先頭へ