定例社長会見

2020年11月26日

石川社長11月定例会見

Q:新型コロナウイルス感染の第3波がきて緊張感が高まっていますが、感染対策の変化について。

A:24日と本日ニュースリリースを出しましたが、計4人が新型コロナウイルスに感染しました。会食で発生したとみられます。この状況を極めて重くみまして、本日午前にグループの感染対策会議を開き、出社率を30%目標に下げ、海外出張禁止の継続と国内出張はさらに必要性を慎重に判断いたします。飲酒を伴う会食については当面、全面的に自粛します。
番組制作は、現在のところ継続する方向です。
相当な注意を払ってロケをおこなっていますので続けていきたいと考えています。ただし、感染がさらに拡がった場合は、ロケの全面停止についても検討します。

Q:年内最後の会見になります。年間の所感は。
A:(石川社長)
コロナ感染が拡がる真っただ中の6月18日に社長就任し、厳しい環境の中でどうやってテレビ局として放送事業を続け、収益を出せるかがすべてだと思ってきました。
今までなんとか感染者増加を抑え、放送事業も継続できました。売上は厳しいものがありましたが、社員のさまざまな工夫がみられました。
一つは、オンラインイベントに創意工夫を凝らしリアルのイベントとは違うノウハウを蓄積して、現在開催中の「テレ東文化祭」、今週末からは「テレ東ビジネスフェス」を開催します。事業の芽を育てつつあると思いますし、番組制作でもこれまで常識としてきたことを全面的に見直し、社員が工夫してくれたことは社長としてうれしい限りです。
コロナ禍でテレビ東京の存在感を高め、視聴者の皆様、スポンサーの皆様に喜んでいただけるように、今後とも努力して社員と一緒に考え、苦しみながらも工夫していきたいと思います。

【年末年始1月編成】
(石川社長)
今年の年末年始は「テレ東オールスターズ 全部揃えました!」をキャッチフレーズとして、人気レギュラー番組や特番でパンチのある番組を揃えることができました。
大晦日は恒例の『年忘れにっぽんの歌』と『孤独のグルメ』。元日はテレビ東京の誇る『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』、2日は『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』を揃えました。普段はなかなかテレビを見る時間がない方々にもドラマも含めて面白いものをご覧いただき、改めてテレビ東京を認識していただければありがたいと思っています。
(髙野編成局長)
大晦日は恒例の『年忘れにっぽんの歌』(12月31日・木・16:00~)。引き続き『孤独のグルメ』(22:00~)の4年連続のスペシャルでは、今年コロナ禍で大変な思いをされた飲食店様への感謝と応援、恩返しの気持ちを込めて番組をお届けします。
『所さんの学校で教えてくれないそこんトコロ!』正月スペシャル(1月1日・金・祝・17:55~)は、人気企画「開かずの金庫を開けろ」を連発します。立ち入り禁止の秘密の扉や金庫を「あけましておめでとう」のところ、「あけまくりましておめでとうスペシャル」と題して5時間放送します。
昨年も2日に放送して好評をいただいた『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(1月2日・土・17:30~)は、伊豆半島をゲストの石原良純さん、長嶋一茂さんと一緒に巡る旅になります。ずっとロケができない状況が続きましたが、感染症対策を万全にしたうえで、約10カ月ぶりにロケを再開しましたので、放送を楽しみにお待ちください。

新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』(1月4日・月・20:00~)の主演は、テレビ東京のドラマ初主演の石原さとみさんにお願いして、余命宣告を受けた一人の女性とその彼女を取り巻く家族の絆を描く愛と感動のドラマです。
1月クールのドラマスペシャル『神様のカルテ』もテレビ東京ドラマ初出演、初主演の福士蒼汰さんに地方病院の医師役をお願いしました。福士さんの医師役は初めてになります。地方医療の現実や医師の苦悩を描く、命と向き合う人間ドラマになっています。前例のない大型ドラマとして2時間ドラマを合計4話、合計8時間の放送に挑戦します。
現在、月曜22時にドラマ『共演NG』としてお楽しみいただいている同じ枠に、1月クールは『アノニマス~警視庁指殺人対策室~』を編成します。SNSの誹謗中傷問題をテーマにその捜査にあたる刑事役は香取慎吾さん。香取さんがテレビ東京のドラマに出演するのは33年ぶり、民放のドラマ出演も5年ぶりです。オリジナルのサスペンスドラマにご期待ください。
金曜8時のドラマは『今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕』。スペシャルドラマとしてこれまで8回放送している作品で、1月クールは連続ドラマとしてレギュラー化します。主役はおなじみの内藤剛志さん。9作目となる特番『鬼火』(12月14日・月・20:00~)も予定しております。

【編成関連】
視聴率は、10月クール第8週終了時(9月28日~11月22日)で、GH6.7%(前年同期比∔0.8p)、PT6.0(同∔0.6p)、全日2.8%(同∔0.4p)と、3部門とも前年を上回る視聴率を確保できました。『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』、『出没!アド街ック天国』といった看板番組が視聴率につながっています。さらにドラマ『共演NG』(月・22:00~放送中)は、22時台ではテレビ東京として高い視聴率を獲得し、配信による視聴者も増えて、成功したと思っています。『共演NG』は12月7日に最終回を迎えますが、10分拡大で放送するとともに、12月14日は、特別編の放送を予定しています。

【営業関連】
10月は、タイムが前年比-10.4%、スポットが同-11.5%、タイムとスポットの合計で同-10.8%でした。スポット東京地区は前年を上回り、テレビ東京はそこまでではありませんが、スポットも回復しつつあるということです。

【アニメビジネス関連】
(石川社長)
「劇場版『ポケットモンスター ココ』を12月25日・金から全国375館にて公開予定です。
(川崎取締役)
毎年楽しみにしていただいている劇場版ポケットモンスターを、今年初めてコロナの影響もあり夏公開ではなくこの冬公開します。今年はポケモンと人間との絆にスポットライトを当て、今までとは違った形で楽しんでいただけると思っています。よろしくお願いします。

【技術関連】
(石川社長)
報道スタジオの新しい撮影方法についてご紹介します。リモートカメラを報道スタジオに導入します。今まで4台のカメラを1台につき一人のカメラマンで対応してきましたが、これを一人か二人でコントロールして、省力化に挑戦したいと思っております。来春から地上波ニュース番組で導入予定です。民放では初めてと聞いていますが、感染リスクを下げると同時に、省力化に挑戦したいと考えています。

(前 取締役)
リモートカメラの導入はまずは報道スタジオからはじめ、BSにも積極的に取り入れ、海外支局や首相官邸、気象庁などの報道拠点へのトライアルで、業務改革やコロナ対策をさらに進められたらと考えています。

【BSテレビ東京 田村社長】
Q:年間の所感と年末年始1月注目の番組は。
今年は開局20周年を12月に迎えます。話題性のある取り組みやコンテンツ作りを進めてきました。コロナ禍でいかにテレビ番組が多くの方の協力のもとに成り立っているのかを痛感しました。これは感謝しかありません。
開局20周年特別番組として『BSテレ東 歌謡フェスティバル』(12月16日・水・19:00~)を大型の音楽番組として放送します。司会はBSテレ東初出演の山崎育三郎さんと女優の葵わかなさんというフレッシュな顔ぶれです。今聴きたいあなたに寄り添う名曲たちと題して、人の心に染み入る名曲の数々をお届けします。
恒例の「歌謡ウイーク」(11月30日・月~12月6日・日)では、レギュラーの歌番組に加えて作詞家作曲家さんをテーマにした特番を組み合わせ、1週間ぶち抜きで編成します。
年末年始は相当力を入れていきます。開局20周年特別企画『KIBO宇宙放送局LIVE 宇宙の初日の出2021 from 国際宇宙ステーション』』(21年1月1日 午前0:45~)は、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している野口飛行士と双方向で結び、宇宙でみる初日の出を地球の皆さんに生放送でお届けする予定です。宇宙ステーションから見る初日の出は、世界で初めてではないかと自負しています。
レギュラーで放送した『ワカコ酒スペシャル 飛騨酒蔵めぐり』(12月29日と30日・23:00~)は、ベトナムの放送局と同時放送する新しい試みです。
1月クールの土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(土・21:00~)は柚木麻子さん原作山本周五郎賞受賞の名作を、水川あさみさん主演で放送します。

Q:宇宙で見る初日の出の番組ができるまでの経緯を教えてください。
A:(BSテレビ東京 石井編成部長)
これまで宇宙飛行士に音声は届いていましたが、映像は届いていませんでした。今回、野口さんのもとに映像を届けて双方向でやりとりする番組になります。初日の出中継は、世界初です。

Q:BSテレ東のドラマならではのこだわり・差別化があったら教えてください。
A:(BSテレビ東京 石井編成部長)
今までのテレビドラマの常識を一旦立ち止まって、これまで必要だと思われたものをそぎ落としてドラマを作ってみる方向を考えています。例えば、地上波でも放送した『サイレントヴォイス』では、取調室がメインで外の映像がほとんどない中で、1時間制作するドラマです。限られた資源の中で面白いドラマを作ることを意図しています。
(BSテレビ東京 田村社長)
やはり予算が地上波とは圧倒的に違いますので、地上波と同じように制作しても目立ちません。変わったジャンルやテーマを見つけ出してドラマを生み出すことを絶えず意識しています。


<出席者>
テレビ東京 代表取締役社長 石川 一郎
BSテレビ東京 代表取締役社長 田村 明彦

テレビ東京 取締役 CIO補佐、技術局、IT推進局担当 前 進
テレビ東京 取締役 アニメ・ライツ本部長 川崎 由紀夫
テレビ東京 執行役員 総合編成局長 髙野 学

テレビ東京 広報局部長 湯本 尚

このページの先頭へ