開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年1月30日放送

古唐津の茶碗

鑑定依頼人笹渕真子さん
鑑定士 中島誠之助
ジャンル 焼き物・茶道具
本人評価額¥ 100,000
シェアする

鑑定士総評

桃山時代前期、織田信長の時代に作られた古唐津の一種、斑唐津に間違いない。唐津の窯のひとつ、帆柱窯で焼かれたもの。砂混じりの白っぽい土を硬く焼き締めて、麦藁を燃やした灰を掛けると、その一部に青みが出る。それが斑に見えることから斑唐津と言う。高台が良い。三日月の形、月の輪高台、高台の真ん中に兜巾という山があって、横から見ると竹の節になっている。斑唐津はだいたいが発掘品で傷物なので、呼続といっていろんなかけらを合わせて1つにしている。無傷なら1000万円以上。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年1月30日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト