開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2019年9月17日放送

北大路魯山人の皿

鑑定依頼人竹原慎二さん
鑑定士 中島誠之助
ジャンル 焼き物・茶道具
本人評価額¥ 300,000
エピソード1972年広島県生まれ。17歳でボクシングのプロテストに合格し、その後無敗のままWBA世界ミドル級王座に挑戦し勝利。日本人初の世界ミドル級王者となった。しかし翌年、網膜剥離により引退。その後はタレントとして活躍したが、2014年膀胱癌が判明、さらにリンパ節にも転移し、余命は1年と言われた。しかし手術、抗がん剤治療を経て、翌年復帰。2017年には、闘病の様子を綴った「見落とされた癌」を出版した。
シェアする

鑑定士総評

昭和12年頃、魯山人54歳前後の作品。黄瀬戸の肌に栗を刻み込んで鉄絵を施してある。小さな虫を飛ばして構図を整えている。皿の裏に「長」の丸印が押してある。昭和11年にそれまで共同経営をしていた高級料亭「星岡茶寮」を内紛で追われ、荒川豊蔵に窮地を救われる。わかもと製薬社長の長尾欽弥を紹介され、販売促進用の皿の注文をとる。この「長」の印は長尾欽弥の頭文字。この皿を作ることで魯山人は純粋な陶芸家として出発できた。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2019年9月17日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト