開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜8時54分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時49分放送

2022年5月17日放送

九代 大樋󠄀長左衛門の茶碗 2点

九代 大樋長左衛門の茶碗 2点
鑑定依頼人 渡辺康幸さん
鑑定士 中島誠之助
ジャンル 焼き物・茶道具
本人評価額 ¥ 200,000
エピソード 1973年、千葉県千葉市の生まれ。早稲田大学で箱根駅伝に4年連続で出場。1年生にして“花の二区”に抜擢されると早稲田大学の7年ぶり往路優勝、8年ぶり総合優勝に貢献。その後も2年連続で区間新記録樹立など華々しい活躍を見せ“天才ランナー”と言われた。大学卒業後はエスビー食品に入社するも度重なる怪我に見舞われ29歳で現役を引退。その後は指導者に転向し2004年、母校・早稲田大学の監督に就任すると、低迷していたチームを立て直し2010年には大学駅伝三冠を果した。現在は住友電工の陸上競技部監督を務め、世界に通用する日本人ランナーを育成するため日々奮闘中。
OPEN THE PRICE

鑑定士総評

金沢で京都楽家の技術を受け継ぐただ一つの脇窯、大樋家九代目長左衛門の作品に間違いない。2点とも江戸時代初期の芸術家・本阿弥光悦の茶碗を写しているが、白い方の茶碗は本家は高台に釉薬がかかっていない。ただそれでは現代では使いにくいので、透明な釉薬をかけて使いやすくしている。赤い方の茶碗は、本家は胴にある灰青色の丸い文様がない。大樋焼の伝統の中で、いかに創作性というものを加味しようか、という九代長左衛門の工夫が凝らされている。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

シェアする

同じ日に放送された他のお宝2022年5月17日

放送日で探す

ジャンルから探す

鑑定士から探す

ジャンル