ストーリー

  • 第1話 シーン1
  • 第1話 シーン1

10月26日(月)放送 第1話

かつて「結婚したい男」No.1を3年連続で獲得した人気俳優・遠山英二(中井貴一)と「上司にしたい女優」No.1を誇る大園瞳(鈴木京香)という大物人気俳優の2人が弱小テレビ局・テレビ東洋の大型連続ドラマ「殺したいほど愛してる」でW主演することに。
しかし、実はこの2人、25年前、英二の二股交際が原因で破局して以来の“共演NG”だった。
奇跡の共演に世間の関心も高く、テレビ東洋としては異例の豪華制作発表を行うことになったのだが…。 
当日、会場のホテルには多くのマスコミが詰めかけ、2人の到着を待ちわびていたが…
会場へ向かう車中で、英二は、瞳との共演に難色を示し始める。
英二が所属する「マーク企画」社長・マーク野本(リリー・フランキー)は「今さら…」と慌ててなだめる。
一方、瞳も英二の名前が自分より先にクレジットされていることに文句を言い始める。
瞳が所属する「オフィスフレンズ」社長・古川しおり(猫背椿)は「演技で食ってやればいいのよ」と取りなすが、瞳は「あいつの逃げ癖は天才的」などと罵倒が止まらない。
しまいにはお互いに相手より先に会場入りしたくないと言い出す始末…。
会場で待つテレ東のドラマ部長・戸沢寛治(岩谷健司)やプロデューサー・是枝育夫(迫田孝也)、APの楠木美和(小島藤子)は予定時刻になっても到着しない主演2人を待ちながら、焦り始める。
25年経っても、互いへの恨みは根深く、2人のバトルは再会する前からゴングが鳴り始める。
果たして、2人はどんな再会を果たすのか…?無事、制作発表は終わりを迎えることができるのか…?
さらに、この危険な組み合わせを実現させたこのドラマのショーランナーで脚本を務める市原龍(斎藤工)には、ある企みが…。

バックナンバー

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト